紙袋を安く作る方法

規格サイズでもフルオーダーでも、弊社のオリジナル紙袋や紙袋はすべて、紙、紐、加工を選んで組み合わせることができます。紙袋の素材を大きく分けると、要となる用紙、手提げ部分の提げ手や持ち手に使用する紐(ヒモ)と、紙表面に加工を必要とする場合の表面処理のラミネートとなります。
素材の組み合わせ次第で、高級感のある雰囲気を与えたり、安価に作ることが出来たりとニーズに合わせることが可能です。
お客様が一番気がかりなご予算に対しても期待に添える紙袋を製作・製造することが出来ます。同じ形状、同じデザインでも、素材を変えるだけでイメージがまるで違います。
コンセプトに合ったベストな素材を選べるよう、特徴がわかる一覧にしました!

用紙

紙袋の製作に使用する用紙は、折り加工・曲げ加工や紙と紙を貼り合わせる貼り付け加工に適した製袋用原紙製袋用適合原紙からの選択となります。
大きく分類すると、未晒クラフト・晒クラフト・片艶晒クラフト・半晒クラフト・カラークラフトの非塗工紙とコート用紙(塗工紙)に分けられます。これらは紙袋に適した用紙となっており、製袋と呼ばれる加工を経て紙袋に成形されます。製袋用原紙として作られていない紙の場合、折り加工・曲げ加工に弱く、製袋加工時も破れや切れが発生する場合があります。
コート用紙(塗工紙)については、折り加工・曲げ加工に弱い事から表面処理の追加が必須となるので注意しましょう。

  • 未晒(ミザラシ)クラフト紙

    米袋、包装紙、セメント袋などでおなじみの茶色い紙が未晒クラフト紙です。未晒クラフト紙は丈夫で安価。ナチュラルな魅力があり、様々な業種の紙袋に利用されています。一色印刷でもさまになるので、印刷費を抑えた紙袋デザインにもおすすめです。

    もっとみる
  • 晒(サラシ)クラフト紙

    晒クラフト紙は、白色のクラフト紙です。白色で丈夫なので、様々な業種の紙袋に利用されています。特に、特徴は柔らかい手触り。和紙ほどではありませんが、優しい風合いがあります。和風にも、洋風にも、いろいろなデザインに合わせることができます。

    もっとみる
  • 片艶晒(カタツヤサラシ)クラフト紙

    紙袋に最もおすすめの紙が片艶晒クラフト紙です。理由は、強度、印刷適性がどちらも高く、紙袋用よして非常にバランスが良いため。また、弊社で扱う紙袋用紙の中で、最も安価というメリットもあります。質感にやや特徴があるので、それが合うなら最適です。

    もっとみる
  • 半晒(ハンザラシ)クラフト紙

    半晒クラフト紙は、茶封筒などに使われている薄茶色の紙です。茶色さは、未晒クラフト紙と晒クラフト紙の中間です。茶色と言っても明るい色なので、明るめの色を使って印刷したい時に未晒クラフト紙では不安という時におすすめです。

    もっとみる
  • コート紙

    雑誌の表紙や中ページ、お菓子のパッケージ、グリーティングカード、チラシ広告など、様々なところで使われているコート紙。紙袋用紙の中では、最も印刷適性の高い紙です。色を鮮やかに再現することができるので、色にこだわる方におすすめです。

    もっとみる
  • カラークラフト紙

    カラークラフト紙は、紙自体が染色されていて、裏側も断面も色がついているクラフト紙のことです。印刷しなくても色が最初からついているので、印刷色の数を1版減らすことができます。また、裏側まで色がついているので、紙袋を開いた時に中まで華やかです。

    もっとみる

提げ紐

紙袋の提げ手・手提げ・持ち手の装着部分は、PPヒモ・紙単丸ヒモ・紙三本ヒモ・アクリル丸ヒモ・ハッピータック・エクセルフィラメントヒモがあります。
PPヒモ・紙単丸ヒモ・紙三本ヒモは安価で、かつそれぞれ同等の価格帯になります。
ヒモ色の選択幅も広いので紙袋のデザインに合わせやすいのも特徴です。
最も多く使用されるヒモはアクリル丸ヒモです。アクリル丸ヒモもカラーバリエーションが豊富で紙袋のデザインに合わせやすいのですが、色の豊富さゆえにヒモ色選びを迷われるお客様も多いです。
重さに強く丈夫なものであれば、ハッピータックに勝るものはございません。プラスチックで出来ており、紙袋との装着部分も2か所で止付けられているので、耐荷重に対しても安心の設計となっています。

  • PPヒモ

    PPヒモは、ポリプロピレン製の紐です。紙袋用の紐の中では最も安価ですので、コストを抑えたい時に使われます。ふんわりとしており持った感触はソフト。水に濡れても強度が変わらないことから、重い荷物の紙袋にもおすすめです。

    もっとみる
  • 紙単丸ヒモ

    紙単丸ヒモは、紙テープを撚って作った細身の紐です。軽く、ハリがあり、綺麗な形状で立ち上がるのが特徴です。OFJタイプの取り付け方法に向いていて、どんなデザインの紙袋にもよく似合います。シンプルでスタンダードな素材です。

    もっとみる
  • 紙三本ヒモ

    紙単丸ヒモは、紙単丸ヒモのように紙テープを撚って作った細身の紐です。細い紙単丸ヒモを三本合わせて、撚り合わせて作られています。紙単丸ヒモよりもやや存在感があり、デザインのアクセントとして使うことができます。

    もっとみる
  • エクセルフィラメント

    エクセルフィラメントは、つややかな糸を編んで作られた紐です。絹糸のような光沢があり、大変高級感があります。持った感触が柔らかくしなやかで、女性的な印象があります。特別なブランドの紙袋におすすめしたい紐です。

    もっとみる
  • アクリル丸ヒモ

    アクリル丸ヒモは、アクリルの糸を編んで作った紐です。衣類の紐にも使われる素材なので、紙ヒモPPヒモと比べると使い捨て感が少なく、繰り返し使ってもらえる紙袋を作ることができます。素材の特徴、おすすめの業種について解説します。

    もっとみる
  • アクリル平ヒモ

    アクリル平ヒモは、アクリルの糸を編んで作ったリボンのように平らな紐です。アクリル丸ヒモと同じ素材ですが、印象はもっと柔らかく、アパレルの販売用紙袋に多く使われます。女性的なイメージのほか、ちょっと変わった紙袋にしたいときにおすすめです。

    もっとみる
  • ハッピータック

    ハッピータックは、プラスチック製のハンドルタイプの提げ紐です。二つの取っ手を重ねると閉じることができるので、紙袋を倒してしまっても荷物がこぼれ出ることがありません。また、雨や埃からも荷物を守ることができます。書類用におすすめです。

    もっとみる
  • 小判抜き

    小判抜きとは、小判型の穴を開けること。紙袋の本体に金型で穴を開けて持ち手を作る方法です。紐を使わないので、厚みがなくスッキリとシンプルな紙袋を作ることができます。ちょっと変わったデザインにできるのが特徴です。

    もっとみる

表面加工

表面処理のラミネートフィルムは、PPラミネートグロスとマットラミネートがあります。
PPラミネートグロスは、グロスが光沢を伴います。マットラミネートは艶(ツヤ)消しになります。
ニス引きも2種類となっており、OPニス引きとマットニス引きがございます。
ニス引きの表面加工は色落ちや色移りを防ぐ効果があり、ニス引きを行うことで、しっかりと紙袋の色落ちを防いでくれます。

  • PP加工

    PP加工は、印刷の表面にポリプロピレンのフィルムを貼り付ける加工です。紙を隙間なく覆うので耐水性が生まれ、水濡れに弱い紙を守ることができます。また、破れにくく汚れにくい、フィルムのぶんの厚みが出るので紙袋の形状がしっかりするといったメリットがあります。

    もっとみる
  • マットPP加工

    PP加工は、印刷の表面にポリプロピレンのフィルムを貼り付ける加工です。紙を隙間なく覆うので耐水性が生まれ、水濡れに弱い紙を守ることができます。マットタイプもグロスタイプも、強度は変わりません。

    もっとみる
  • ニス引き

    ニス引きとは、印刷を保護するために使われてきた伝統的な表面処理方法です。樹脂製の液体を印刷面に塗って透明の幕を作ります。ニス引きは、PPほどの撥水性、破れへの強さなどは得られません。しかし、ニス引きにはニス引きにしかないメリットもあります。

    もっとみる
  • 箔押し

    箔押しとは、フィルムを金型で圧着する加工です。PP加工やニス引きは紙と印刷の保護を主な目的としていますが、箔押しは装飾的な意味で行われます。異素材が張り付いていること、凹凸ができることから、存在感が抜群で、ロゴなどのワンポイントに使われます。

    もっとみる
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る