業種別おすすめ紙袋

PPヒモは
ソフトで丈夫
しかも安い!

PPヒモは、ポリプロピレン製の紐です。紙袋用の紐の中では最も安価ですので、コストを抑えたい時に使われます。ふんわりとしており持った感触はソフト。水に濡れても強度が変わらないことから、重い荷物の紙袋にもおすすめです。

荷造り紐と同じ素材。丈夫で切れにくい

PPヒモは、荷造り紐としてお馴染みの素材。
ポリプロピレン製のテープを撚り合わせて作られています。
ばらしてみるとこんな風に、細いテープを撚って紐にし、それを三本合わせて撚り合わせてあります。
丈夫で切れにくく、紙紐と異なり水に濡れても強度が変わりません。
ただしポリプロピレンは有機物なので、紫外線で劣化する特徴があります。
屋外で「よしず」をPP紐で縛って置いておいたら、紐がボロボロになっていたという経験がある方もいるのではないでしょうか。
もっとも短期的にしか使われない紙袋の場合は、耐候性は求められませんから使用にはまったく問題ありません。

カラーバリエーションは、32色

カラーは豊富な36色。クリーム色やグレーといった繊細な淡い色、ビビッドな色など色々揃います。
PPヒモは荷造り紐と同じものなので、どうしても白を使うと見慣れているので少々安っぽいイメージがあります。
しかし、濃いめの色の紐をつけたり、アクセントになるような色の紐を選ぶことで、ずっと高級感を出すことができます。

重い荷物におすすめ

PPヒモは、その他の紐と比べるとやや太さがあります(太さも選ぶことができますが、ご指定がない場合は弊社でよく使われている標準的な太さのものを付けます)。 三本のテープを合わせてできているので、軽くふっくらとしています。

そのため感触が柔らかく、手に持った感触が優しい印象です。 重い荷物を持った時に手に食い込みにくいので、書類を沢山入れる営業用の紙袋、にお酒など液体を入れる紙袋にもおすすめです。

価格は安価。提げ紐の素材の中で一番安い

紙袋用として弊社がご用意している紐の中で、最も安価な素材がPPヒモです。 コストダウンしたいお客様に、弊社が最もおすすめする見直しポイントは紐。 まず、取り付け方を穴タイプからOFJタイプにするだけで、大幅に超すとダウン可能です。また、アクリル丸ヒモ、エクセルフィラメントといった高級な紐を、紙単丸ヒモやPPヒモにすると、さらにお安く作ることができます。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る