選べる紙袋の素材一覧|片艶晒クラフト紙について

06-6925-3154 受付時間 9:00〜18:00(平日) お問い合わせはこちら
業種別おすすめ紙袋

片艶晒クラフト紙は
最も安価!
丈夫で印刷適正も○

紙袋に最もおすすめの紙が片艶晒クラフト紙です。理由は、強度、印刷適性がどちらも高く、紙袋用よして非常にバランスが良いため。また、弊社で扱う紙袋用紙の中で、最も安価というメリットもあります。質感にやや特徴があるので、それが合うなら最適です。

ベースはクラフト紙なので強度が高いです

片艶晒クラフト紙とは、クラフト紙を白色まで漂白し、片面をプレスした紙です。クラフト紙は、上質紙と比べるとパルプの繊維が長く、繊維のひとつひとつがしっかりと絡み合っています。
洋紙は、細かく砕かれたパルプ繊維の絡まり合いでできています。簡単に言うと、この繊維を細かく砕けば砕くほど滑らかな紙になり、荒いまま残すと破れにくい紙になります。
コピー用紙などに使われる「上質紙」は何が上質なのかというと、この繊維が細かく砕かれていて、表面が滑らかだという意味なのです。
ただし、丈夫さと滑らかさは反比例するので、同じ厚みでも上質紙はクラフト紙よりも破れに弱くなります。

茶色いままのクラフト紙が未晒クラフト紙、白色まで漂白したのが晒クラフト紙です。
片艶晒クラフト紙は、晒クラフト紙をさらに加工して、クラフト紙の丈夫さに印刷適性もプラスした紙です。

平滑度が高いので、丈夫でも印刷が綺麗に出る

片艶晒クラフト紙の「片艶」とは、片面がプレス処理されていてツヤがあるという意味ですが、プレスする目的はツヤを出すためではありません。表面を平滑にするためです。

印刷面に凹凸があると、版の再現性が下がるのは想像しやすいですね。紙の凹凸はそれだけではなく、インクの発色も落とします。これは、紙の繊維がインクを余計に吸収してしまうためです。
理想的な印刷は紙の表面に均一にインクが固定化されることです。紙がインクを吸ってしまうと、鮮やかさが落ちますし、滲みも出やすくなります。

そのため、この凹凸をぺしゃんこにして潰してしまうのが、片艶晒クラフト紙に行われているプレス処理です。

印刷適性の順に並べると次のようになります。
コート紙>片艶晒クラフト紙>晒クラフト紙>半晒クラフト紙>未晒クラフト紙

コート紙の再現性には負けますが、片艶晒クラフト紙なら手描きイラストの繊細なグラデーション、鮮やかな色合いをしっかりと出すことができます。

質感は、ややつるりとして薄い光沢があります

片艶晒クラフト紙は、コート紙のようにつるつるのテカテカではありません。光が当たった時に薄く反射する程度なので、紙らしい質感をある程度残すことができます。
あまりピカピカ反射させたくないしっとりしたデザインの時におすすめです。特に、和風のデザインにはあまり光沢のある紙よりも柔らかい雰囲気の紙が似合うでしょう。

価格は最も安価。
理由は大量入荷によるコストダウン

片艶晒クラフト紙は、実は未晒クラフト紙や晒クラフト紙よりも安価です。これらの紙より加工の手間がかかっているのに安いのはおかしいと思われるかもしれません。
片艶晒クラフト紙が安いのは、大量生産されているためです。また、弊社でも一括で仕入れを行うことができるので、仕入れコストを下げています。

片艶晒クラフト紙は、丈夫で印刷もバッチリという、まさに紙袋向きの紙なんですよ!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る