閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

ニス引きとは紙の表面加工の一つ

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

ニス引きとは紙の表面加工の一つ

メニュー 閉じる

にすびき

【ニス引き】

紙の表面耕の一つ。紙に樹脂製の塗料を塗って紙と印刷を保護する。
ニス引きには、マットタイプとグロスタイプがある。

ニス引きをすると、多少撥水性が得られ、紙も少しだけ厚みが出ます。
PP加工ほどではりませんが、印刷の保護だけではなく紙自体の強度アップもできます。

似た目には薄いツヤが出ます。PP加工は紙の質感がまったく変わってしまいますが、ニス引きは自然な雰囲気です。
そのため、紙の手触りを残したい和風デザインの紙袋によく使われます。

ニス引きの利点は、部分的に使うことができることです。
PP加工はフィルムを紙全面に貼り付けることになりますが、ニス引きは樹脂を塗布します。
この樹脂は塗料のようにサラっとしているので、印刷機に入れることができるのです。
そのため、「ロゴの印刷の上にだけニス引きを行ってロゴにツヤを出す」「印刷ではなくニス引きだけで、ほんのり模様を入れる」といった面白いデザインをすることができます。
部分的にニス引きを行うことを「部分ニス」と呼びます。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    ニス引きをすると柔らかい光沢が出る。

  • 例文 2

    部分的にニス引きをすると、ニス引きした部分をデザインとして使うこともできる。

  • 例文 3

    PP加工ほど強度は要らないから、ニス引きを選択した。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021