閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

印刷のニス引きの環境負荷は?

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

印刷のニス引きの環境負荷は?

メニュー 閉じる
紙袋のギモン解決 紙袋のギモン解決
Q.126

印刷に使われるニス引きは何でできている?環境負荷は?

紙袋のギモン解決

Category: 紙袋と環境負荷のこと

ニス引きに使われるニスとは、主に合成樹脂と植物油でできた塗料の一種です。ニス引きをすることによるリサイクルへの影響はありません。古紙回収に出せますし、可燃物として捨ててもダイオキシンは発生しません。

A.

リサイクルに影響しません

かみちゃん
かみちゃん: 井上さんって、環境系の話をさせると熱くなって語りが長いわりに結論を出さないですよね。
井上さん
井上さん: わからないことはわからないと言っているだけだ。
わかった風で決めつけるのは思考停止と一緒だからな~。 環境問題でも健康でも美容でも、よかれと思ってやったことが実は逆効果ということはよくあるから、慎重に考えているだけだぞ。
かみちゃん
かみちゃん: わかる~。鼻の角栓パックなんて、よかれと思っての典型ですよね。ダメだと知ってもやめられない、あの禁断の快楽。やめられない……。
井上さん
井上さん: ビオレは罪深いなあ。 ところでまた環境負荷の話なのかな?
かみちゃん
かみちゃん: はい。取引先の人に聞かれたんですよ。印刷に使うニスって何なのか。
それって環境問題的にはどうなのかなーと。
井上さん
井上さん: 印刷会社によって使っているメーカーは違うかもしれないが、印刷物へのニス引きでよく使われているのは「油性OPニス」と呼ばれている。井上工業所で使っているニスもそうで、合成樹脂と鉱油と植物油でできている。 ニスには、紫外線で固まるUVニスというものもある。
かみちゃん
かみちゃん: OPニスは地球に優しいの?って聞くとまた井上さんキレそうですね。
井上さん
井上さん: 作業者に健康被害が出ないよう、取り扱い上の注意はいくつかあるけれど(目に入れてはいけない、火気厳禁、火災の時は消化に水をぶっかけないなど)、OPニスの製造過程が取り沙汰されている報道は見たことがないな。
かみちゃん
かみちゃん: リサイクルに影響はないんですか?
井上さん
井上さん: ない。
社団法人日本印刷産業連合会という団体が、印刷に使う素材についてリサイクルの適性ランクを発表している。ランクはA、B、C、Dの4段階。
これによると、OPニスはAランクの古紙リサイクル適性が認められている。

●印刷物資材「古紙リサイクル適性ランクリスト」規格

A:紙、板紙へのリサイクルにおいて阻害とはならないもの
B:紙へのリサイクルには阻害となるが、板紙へのリサイクルには阻害とはならないもの
C:紙、板紙へのリサイクルにおいて阻害となるもの
D:微量の混入でも除去することができないため、紙、板紙へのリサイクルが不可能になるもの
かみちゃん
かみちゃん: ニス引きしても大丈夫なんですね。
井上さん
井上さん: そうだね。リサイクルに関して言えば環境負荷は低いと言える。 古紙回収に出せるし、もし可燃ゴミとして燃やしたとしても完全燃焼するからダイオキシンも発生しない。
かみちゃん
かみちゃん: とりあえずそれだけわかれば十分だわ。

OPニスは樹脂でできた塗料です。紙に直接塗るので剥がすことはできませんが、紙のリサイクル時にリサイクルの障害とはなりませんので安心して使うことができます。

オリジナル紙袋を見積もる

お見積もりはこちらから

よく一緒に見られているギモン

同じカテゴリーのギモンを見る ギモン解決のトップにもどる

有限会社井上工業所 Copyright © 2021