閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

フォントとは、デザインされた文字データ

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

フォントとは、デザインされた文字データ

メニュー 閉じる

ふぉんと

【フォント】

フォントとは、一定の規則性を持ってデザインされた文字セット(=書体)のデータ、活版のこと。

書体はデザインされた文字のこと、フォントはそれを表示するためのデータや活版のことなので、本来は異なる意味の言葉。
しかし、現在は活版印刷はほとんど使われませんし、書体を変える=フォントを変えることなので、書体とフォントは同義として扱われています。
下に、最低限知っておくと便利なフォントの基礎知識を3つまとめました。

●種類
フォントはざっくりと二種類に大別できます。
セリフ体とサンセリフ体です。


セリフ体は、セリフ(=ヒゲとも。書き始めや書き終わりにつけられた飾りのこと)がある書体。線に抑揚があり、流麗・繊細な印象があります。
サンセリフ体は、セリフがない書体という意味。基本的に線の太さを揃えており、力強いイメージがあります。
日本語では、明朝体とゴシック体という二種類の書体に大別されますが、明朝体はある意味セリフ体の仲間、ゴシック体はサンセリフ体の一種と言えます。

この2種類の中に、右に傾いたイタリック体、手描きっぽさのあるスクリプト体などが含まれます。

●フォントファミリー
フォントにはウエイト(=太さ)にバリエーションのあるものがあります。

ひとつのデザインの中で、強調したい部分とそうでない部分がある場合、色々なフォントを混ぜて使うのもひとつの手ですが、フォントファミリーを使うと統一感が出ます。
たとえば、見出しと本文をフォントファミリーで統一する、といった使い方がされます。


●等幅とプロポーショナル
文字の幅が一文字ずつ等間隔に並ぶフォントは、等幅フォントと呼ばれます。
文字の形状によって間隔が調整されているフォントは、プロポーショナルフォントと呼ばれます。

等幅に並べても文字の形状によって隙間が開きすぎたり詰まりすぎて見えたりするため、プロポーショナルフォントの方が人の目にはバランス良く映ります。
等幅フォントは元々タイプライターに使用していたスタイルです。ですから、古めかしい味があるので、デザインによって使い分けがされます。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    フォント次第でデザインのイメージは大きく変わる。

  • 例文 2

    紙袋のデザインに、フォント選びはとっても大事!

  • 例文 3

    入稿する時は、フォントデータのままではなくアウトラインをかけましょう。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021