閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

フォントの変え方について

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

フォントの変え方について

メニュー 閉じる
紙袋デザイン講座 紙袋デザイン講座

Lesson1-08

文字の書体を変える方法

日本語の書体(和文フォント)は標準の状態ではあまり素敵な書体がありませんが、英文字なら個性的なデザインのフォントがたくさん!いろいろ試してみて、気に入ったフォントを見つけてくださいね!

MacとWindowsは標準フォントが異なります。

書体の数は、残念ながらMacの方が格段に多く、バリエーションも豊富にあります。しかしWindowsでも優秀なフォントはたくさん!書体は異なりますが、ArialやImpactなど同一のものも存在しています。

かみちゃん
かみちゃん: 私はMac派〜♪

書体を変更する

LESSON1-6のフォントサイズを変更するページでも少し紹介していましたが、
選択ツールなどで、文字を選んだら、上部に現在のフォントが表示されています

フォントの部分をクリックすると、書体がずらっと以下のように出現。カーソルを合わせるだけで、選択したテキストが選んだフォントに反映していきます。

書体は、サイズだけではなく太さやスタイルも変更することができます。
最初から複数の太さのデータを持つフォントの場合、フォントの選択の横にスタイル(①)や太さ(②)やの選択ボックスがあります。

アルファベットで頭文字が入っていますが、それぞれ次のような意味です。

EL…エクストラライト(ExtraLight)
L…ライト(Light)
M…ミディアム(Medium)
R…レギュラー(Regular)
B…ボールド(Bold)
H…ヘビー(Heavy)

同じフォントでも、ずいぶん印象が変わるのがわかると思います。
色々なフォントを選んでイメージにぴったり合うものが出るまで試してみましょう!

フォントも大切なデザインの一部

フォントのデザインが違うだけで、印象がかなり変わります。フォントを選ぶときは、その文字の情報に応じて選んでいきましょう!読ませたいコピーは個性的なものに、情報にあたる部分はゴシックや明朝などノーマルなものを選ぶと失敗を避けれます。

デザイン講座の一覧にもどる

お客様インタビュー

井上紙袋をご利用のお客様に、ご利用の経緯やお選びいただいた理由、実際の出来映えについて忖度なしに語っていただきました。

インタビューをもっと見る

有限会社井上工業所 Copyright © 2021