閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

総インキ量とはCMYKの合計%のこと

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

総インキ量とはCMYKの合計%のこと

メニュー 閉じる

そういんきりょう

【総インキ量】

総インキ量とは、プロセスカラー(C、M、Y、K)すべてのインキ量を表す数値のこと。

色を構成する1画素に対して、重ね合わされたインキの合計のことです。
CMYKの合計なので、4色×100%となり最大の総インキ量は、400%となります。
(C100%+M100%+Y100%+K100%)
しかし、MAX400%まで重ねてよいわけではありません。
印刷用紙やインキ、印刷機によって総インキ量の限界値が異なります。
入稿時に、「総インキ量は○○%以下」と指定がある場合が多いです。

●総インキ量の例

・新聞(250%)
・雑誌広告(320%)
・一般商業印刷(300%~360%)

通常は300%以内であれば、印刷会社からNGが出ることはないでしょう。
井上工業所では、270%以下になるようお願いしています。

総インキ量に指定がある理由は、総インキ量が多すぎると、インクの定着が不十分となり乾かなかったり、滲んでしまったりといったトラブルの元になるためです。
オフセット印刷において特に印刷面が広く大きい場合、トラッピング(先に刷ったインキの上に、後から刷ったインキがどんどん転移して重なっていく状態のこと)が悪くなり、再現できなくなってしまいます。
また、先に印刷した紙のインキが乾かないうちに次の紙が重なり、インキが汚れのように転写されてしまうこともあります。

そもそも、300%以上色を重ねるとどんどん濁った色になるだけで、あまり意味がありません。
指定がある場合はそれに準じるようにしましょう。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    テレビコマーシャルでお馴染みの「ラクスル」は総インキ量350%以下らしい。

  • 例文 2

    結局のところ自身でデザインをしない人には総インキ量なんて全く関係のない……。

  • 例文 3

    総インキ量はPhotoshopなどの無料ソフトでも、もちろん指定できます。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021