閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

印刷における掛け合わせとは?

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

印刷における掛け合わせとは?

メニュー 閉じる

かけあわせ

【掛け合わせ】

印刷において、色の異なる版を重ね合わせて色の階調を表現すること。その方法。

フルカラー印刷では、通常は以下4つの版を使って印刷します。
C:シアン(Cyan)
M:マゼンタ(Magenta)
Y:イエロー(Yellow)
K:ブラック(Keyplate=Black)

版の色が4色しかないのにフルカラーを再現できるのは、網点印刷のおかげ。
網点印刷とは、インクを非常に細かい点状に印刷する方法。
異なる色の網点印刷を重ねて印刷すると、無限の色の階調を作ることができます。
虫眼鏡で拡大して見れば細かい点があるのがわかりますが、その重なり合った色の印象を、人間の目は一つの色と認識するからです。

たとえば、シアンとイエローの重なりを、人はグリーンだと認識します。

どんなに複雑な色の階調でも、拡大すればすべて同じ。
網点の掛け合わせで色が再現されています。


入稿データの段階では、画面上では様々な色が見える通りに表示されています。
印刷会社では、これを専用の機械で4つの色に分解します。
そして、それぞれの色ごとに製版を行います。
印刷する順番は印刷会社ごとに異なりますが、CMYKの順番で色を重ねたのが次の画像です。


掛け合わせは、オフセット印刷でしか行えません。細かい網点を潰れずに印刷する必要があるので、版に精密さが求められるためです。詳しくは、オフセット印刷のページをご覧ください。違いを知るには、フレキソ印刷のページもおすすめです。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    掛け合わせで色を表現する。

  • 例文 2

    フルカラー印刷は、掛け合わせでできている。

  • 例文 3

    フレキソ印刷は掛け合わせができない。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021