検査機器メーカー様の紙袋の事例を紹介します【I-792】

検査機器メーカー様の爽やかな紙袋

大阪府にある、検査機器メーカー様の紙袋事例です。 非破壊検査技術を通じて産業・工業分野における様々な事故、災害を未然に防ぐための検査機器を製造・販売されている企業様になります。 関連講習会などを定期的に行っているので、そういった場で資料配布の際に使用されるのでしょうか。 大きめのバインダーも収まる、A4サイズオーダーで製作しました。

メジャーなデザインには理由があります

特色でご指定いただいた水色は、企業様のイメージカラーです。 サイド部分のベタ印刷はよく見るデザインですが、実はとても理にかなっています。 表面はシンプルなデザインにすることで、自然と社名やロゴに目が行くように。 全体の面積でいうと白紙の方が多いのですが、チラリと見えるサイド部分のベタ印刷でさりげなくカラーをアピールすることに成功。 水色は晴れた空やキレイな海を連想させることから、清々しい印象を与えます。 潜在的にカラーのもつイメージが残るデザインとなりました。

使用した用紙について

A2コート紙なら文句なしの安定感があります

大手企業様の多くは高級仕様の紙袋を製作されます。
やはり厚手で安定感のある佇まいや、予算を避ける企業様の姿勢などから安心感を与え、信頼を勝ち取るツールとしての役割を期待されているのでしょう。
もちろんこちらも高級仕様。
名刺程度のしっかりとしたハリと高い印刷適正、最高級ランクのA2コート紙が最適でした。

使用した用紙について

ハッピータックにしかできない保護

資料配布用の紙袋には、ハッピータックがオススメ。
根元の凹凸部分をパチンと合わせることで、しっかりと口を閉じることができます。
他のどの提げ手にもできないことです。
また中のものを守るという点ではこれ以上の素材はないでしょう。
プラスチック製のハンドルなので、単価はやや高めですが、それ以上の価値があると思います。

使用した用紙について

PPグロス加工なら輝くハリが手にはいる

ハリのある紙袋をお求めなら、仕上げはPP加工で決まり。
光沢の有無で2種類がありますが、見た目以外に効果の違いはありません。
今回は光沢の強いグロスタイプを選ばれました。
薄いフィルムを貼る加工なので、厚手のコート紙を更に厚くします。
印刷面の保護はもちろん、全体的な強度が高まるので野外使用の紙袋にもオススメです。

この商品のスペック

カテゴリーA4サイズオーダー
業種検査機器メーカー都道府県大阪府
業種検査機器メーカー
都道府県大阪府
枚数500枚製品単価/枚150円台〜
枚数500枚
製品単価/枚150円台〜
用紙A2コート紙157g/㎡
サイズ幅280×マチ80×高さ360mm
印刷1色印刷
表面処理PPグロス加工
提げ手ハッピータック
オプション底段ボール台紙あり
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回はオーダー可能な最小枚数、500枚での製作だったので、単価は150円台~とやや高めの印象に。
スペックを変えることなく単価を下げるには、製作枚数を増やすことが必須です。
印刷費がポイントです。
詳しいことは紙袋を激安で作る方法のページに記載があるので、ぜひご覧ください。

検査機器メーカー様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る