紙袋を激安で作る方法

紙袋は消耗品なので、10円でも1円でも積もり積もると大きな金額になってきます。
単価はあらかじめ抑えた方が安全ですよね。素材を安いものにすれば安くなりますが、実はそれだけではありません。
安くするコツはいろいろあるのです。総務OLのかみちゃんと、節約の妖精のぶたさんが、知ってると得するコツをご紹介します!

紙袋を激安で作るコツはこちら

  • フルカラーをやめて2色刷りにすると紙袋のコストは下がる?

    OLのかみちゃんのところに、ブタっぽい生き物が現れました!節約したい人の強い願いによって具現化する節約の妖精、ぶたさんです!
    経費削減と体重削減に悩むかみちゃんに、素敵なアドバイスをこれでもかと浴びせます。とりあえず、消耗品の紙袋のコストから見直してみましょうか?ということで、紙袋の印刷色を減らすとお安くなりますって話を始めます。喋るブタを受け入れるのがとても早いかみちゃんと、ブタ野郎の出会いです。

  • 特色をやめてCMYKで印刷することで紙袋のコストは下がります!

    元彼からもらった4℃のアクセサリーをネットで売ろうとしている銭ゲバ……じゃなかった現実主義者のかみちゃん。元彼の思い出の品なんて将来地雷になりかねないので処分は前向きな判断ですよね。元彼アクセを売ろうとしている全国の女子にケンカを売っているわけではありません。
    なぜかその話から印刷の話に展開していきます。誰ですか、無理があるって言ってる人は?やめてくださいね。印刷色を変えるだけでお安くなるので、とっても大事な話です。デザインのコツも紹介します。

  • 印刷色数を一色にしてコストダウン!物足りなさは濃淡でカバー可能

    ぶたさんに教わった通り、印刷色を減らして見積金額が大きく下がったと喜んでいるかみちゃん。でも、一色で印刷するとつまらないデザインに見えるのでは?と心配しています。
    おせっかいなぶたさんがまた現れて、「一色印刷でも奥行きあるデザインは可能だ」と罵倒と共にアドバイスしていきました。罵倒が余分です。
    かみちゃんは最近、ぶたさんに呼びかけるとき、「ブタ」と言うだけで罵倒になっていることを発見。「ブタ」を連呼するのがマイブームです。罵倒が余分です……。

  • 製造枚数を千枚単位にすることで紙袋の単価を下げることができます

    「ぶたさんの出荷日」というブラックなネタではしゃぐOLのかみちゃん。最近調子こいているのでそろそろ罰が下るかもしれませんね。
    デザインを修正して、今日はいよいよ紙袋の発注をする段階になりました。製造枚数を1,000枚にするというかみちゃんに、ぶたさんが何やら囁いています。印刷費って1,000枚でも500枚でも変わらないらしいですわよ、奥さん!あらいやだ、なんですって!?それなら1,000枚の方がお得じゃないのって話です。

  • フリーサイズでオーダーするより規格サイズでの方が安くなります!

    製造枚数を2,000枚に決めて、あとは注文するだけという状態に。しかし今さら「オーダープラン」が決まっていないことに気づいたOLかみちゃん。
    現在使っている紙袋は、前任者のカトーさん個人にしか意味を持たない謎のオリジナルサイズ。そのまま注文しようとしていたかみちゃんに、ぶたさん大激怒。サイズをちょっと変更するだけで安くなると熱弁を振るっております。版を作り直してでも、将来的には激安になる。規格サイズって何なんでしょうか。安くなる理由とは……。

  • 表面加工不要のデザインにすれば加工コストが不要で安くなります!

    イベントで使う新しい紙袋を、企画からすべて一任されたOLかみちゃん。何が一任だ、そういうの「丸投げ」っていうんだろコラ!ってことは世の中よくありますが、ご多分に漏れずこれもそうなのでした。かみちゃんの上司は無能。
    ここは上司の想像よりも、「激安でいいもの」を作って株を上げたいところ。かみちゃんは、ぶたさんにデザインの相談をしています。デザインによっても、高くつくデザイン、安くなるデザインがあります。デザインありきではなく、予算ありきでデザインするのもありですね。

  • 手提げ紐の通し方を変更すれば紙袋の単価は安くなります!

    この連載が始まってしばらく経って、急激にテンションが下がっているOLかみちゃん。ぶたさんもやる気がありません。心なしか、お肌の調子も悪そうです。
    ものすごく雑に会話が始まって、そのくせ紙袋を安くするって話だけはきっちりしています。すみません。ところで、紙袋の穴に通してある紐って、手作業で通してるって知ってました?信じられないですよね。「えー、これ人の手でやってるの!?」ってこと、意外とあるものです。あなたも色々探してみて下さいね。

  • 用途によってはギザカットフレキソ印刷にすると単価が安くなります!

    さんざん無理を言ってきたOLかみちゃん、ついに「半額で紙袋を作れないの?」と言い始めました。ぶたさんなら「は?」と返しそうなところですが、実は激安紙袋はあるのです。嬉しそうに秘密の激安紙袋「G・F・I」について説明を始めました。単価10円から紙袋ができるって?それなら最初からその話をしてくれよって感じですよね。実はこの激安紙袋、通常の仕様とは異なり製造するには印刷方法や製造枚数などの条件もあります。条件が合う人にはベストチョイスかもしれません!

  • 自分で安くする方法がわからなければプロの提案に委ねてみるのもアリ

    取引先から「激安の紙袋オーダーを紹介して」と頼まれ、自分の株を上げるチャンスだとほくそ笑むOLかみちゃん。いつにもまして汚い笑顔!
    偉そうに出てきたぶたさんが、「紙袋リメイク」という謎サービスについて解説します。イノシシは野蛮でありブタは高等生物だと信じているぶたさんですが、「豚便所」の存在を知ったらきっと卒倒するでしょう。知らない人は検索してみてね!

  • 紙袋の素材を片艶晒クラフト紙に変更すると紙袋の単価は安くなる!

    お昼ご飯をトンカツにするぞとぶたさんを脅迫して、激安紙袋のコツを聞き出そうとするOLかみちゃん。
    ぶたさんは「一番安く済む紙」について熱心に解説していますが、かみちゃんの心はお昼ご飯の方へシフト。結局トンコツラーメンを食べにいくようです。人生は残酷だ、でも命は儚いからこそ輝くのかもしれない。散りゆく桜のように……そんなポエムはほんの一行も書かれていない紙の話。

  • 紙袋の紐をPPヒモに変更すると紙袋の単価は安くなる!

    相変わらず口が悪いぶたさん。かみちゃんの髪型がオバンくさいとか肌色がおかしいとか、このイラストを描いたイラストレーターには見せられないツッコミをガンガン入れてます。
    それはさておき紙袋の紐の話になりました。一番安い素材にすれば、紙袋の単価も下がるじゃん、なんて当たり前の話ですが、ぶたさんはそんな当たり前の話だけをしにきたわけではないのです!

  • 紙袋自体の厚みを薄くすることで紙袋の単価は安くなる!

    午前中から会社を抜け出して、牛丼屋で時間つぶしをしようとするOLかみちゃん。カフェで食べたサンドイッチが薄すぎたせいだと、口汚く罵っています。
    そこに現れた節約の妖精、ぶたさん怒りのアフガン!!薄くするとどうなるの?について語り始めました。ポテチでも牛乳でも、なんでも内容量が目減りしてる世の中ですが、怒っているネット民も多いですよね。紙袋は薄くしてもいいんでしょうか!?

激安紙袋の制作事例はこちら

10円台の激安紙袋事例

  • 単価 10 円台〜

    ギザカットオーダー

  • 単価 10 円台〜

    ギザカットオーダー

10円台の事例をもっと見る

20円台の激安紙袋事例

  • 単価 20 円台〜

    ギザカットオーダー

  • 単価 20 円台〜

    ギザカットオーダー

  • 単価 20 円台〜

    ギザカットオーダー

  • 単価 20 円台〜

    宅配袋フルオーダー

  • 単価 20 円台〜

    フルオーダー

20円台の事例をもっと見る

30円台の激安紙袋事例

  • 単価 35 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 30 円台〜

    ボトルサイズオーダー

  • 単価 30 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 30 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 30 円台〜

    フルオーダー

30円台の事例をもっと見る

40円台の激安紙袋事例

  • 単価 40 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 40 円台〜

    ボトルサイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    フルオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

  • 単価 40 円台〜

    規格サイズオーダー

40円台の事例をもっと見る
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る