コンサルティング会社様の紙袋の事例を紹介します【I-675】

コンサルティング会社様のスタイリッシュな紙袋

コンサルティング会社様の紙袋事例です。 アドテクノロジー事業やコンテック事業などにも参入されている企業様になります。 A4サイズオーダーで製作しました。 書類配布の多いビジネスシーンに合わせて設定された大きさなので、悩むことなくサイズが決まります。 また規格サイズなので安価にオーダーが可能なことも、人気の理由でしょう。

先進的なイメージが全面に溢れ出すオシャレさ

企業様のホームページを拝見すると、とてもスタイリッシュで先進的な印象を受けました。 それは紙袋のデザインにも反映されています。 アパレルブランド様のようなオシャレさ。 企業様のイメージカラーである赤色1色のみを使用して、シンプルなデザインにもかかわらず躍動感が感じられます。 それでいて単価は110円台~と比較的安価に収まりました。 秘訣は最も安価な用紙を上手に使用されたことと、弊社自慢の規格サイズを採用していただけたことにあります。

使用した用紙について

片艶晒クラフト紙で上手にコストを削減

高級感を追求されるのであれば厚みのあるA2コート紙がオススメですが、印刷適正を重視されるのであれば安価な片艶晒クラフト紙でも、十分にその役目を果たします。
特にこちらのように表面加工を追加される場合は、質感が変化することと厚みが増すことで、安価な用紙を起用したことなど全く分からないレベルになります。

使用した用紙について

アクリル丸ヒモでスタイリッシュな印象を与える

提げ紐が意外と存在感があるので、パッと見た時にまずオシャレな印象を与えるのは、このアクリル丸ヒモです。
衣類用の紐として誰もが日常的に目にしていることから、潜在的にデザイン性の高いイメージが植え付いているのでしょう。
また使い捨てが前提とされる紙袋の素材としては、とても上質で高級感がある提げ紐です。

使用した用紙について

マットPP加工が選ばれる理由は光の反射にあり

企業様のイメージカラーが派手めな赤色であることから、表面加工は控えめにマットタイプのPP加工を選ばれました。
全体のバランスという点で選ばれた部分もありますが、明るい色は反射に弱く野外ではやや見えにくくなります。
太陽がまぶしい野外での使用なら、光の反射が少なく印刷をハッキリと見せてくれるマットタイプがオススメです。

この商品のスペック

カテゴリー A4サイズオーダー
業種 コンサルティング会社 都道府県 東京都
業種 コンサルティング会社
都道府県 東京都
枚数 1000枚 製品単価/枚 110円台〜
枚数 1000枚
製品単価/枚 110円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印刷 1色印刷
表面処理 マットPP加工
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

底に入れる段ボール台紙は、重たいものを入れるためだけではありません。
紙袋の形状を維持する役割や、紙一枚でも折れずに立たせる役割も兼ねています。
複数のオプションを追加しても安価に収めるテクニックは多数あります。
ぜひ専門ページの激安紙袋を作る方法もご覧になってください。

コンサルティング会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る