業種別おすすめ紙袋
加工

PPよりも安価に。
デザインの幅も広がる
ニス引き

ニス引きとは、印刷を保護するために使われてきた伝統的な表面処理方法です。樹脂製の液体を印刷面に塗って透明の幕を作ります。ニス引きは、PPほどの撥水性、破れへの強さなどは得られません。しかし、ニス引きにはニス引きにしかないメリットもあります。

樹脂を塗布して紙と印刷を保護します

ニスの原料は樹脂です。PP加工が開発される前には、ニス引きは紙と印刷の保護のスタンダードな方法でした。しかし、PP加工にとってかわられたというわけではありません。ニスにはニスのよさがあるので、ちゃんと現役です!

安価に加工したい時、さりげないツヤがいい時

ニス引きは、強度も耐水性も、PP加工には劣ります。しかし、必ずしもPPが最上の選択かというと、そうではありません。PP加工は大変丈夫ですが、原料費が大きいのでコスパがいいとは言えないからです。 安価に印刷面の保護をしたいなら、ニス引きの方がおすすめです。

また、PP加工(グロスタイプ)は光沢が強すぎ、マットPPは光沢が柔すぎるという方には、ニス引きのさりげない光沢がお気に召すかもしれません。 主張がそれほど強くないほどよい光沢が魅力でもあります。

ニス引きだけのメリットは、部分的なニスが可能なこと!

PPが用紙全体にしかかけられないのに対し、ニス引きは部分的な塗布も可能です。部分ニスは、ロゴの上だけつややかにして目立たせたい、ニスの光沢で柄を印刷したいといった特殊なデザインに用いられます。 デザインからこだわりが感じられるので、デザイン事務所や設計事務所など、クリエイティブ系の業種に人気です。

ベタ印刷をした時の色落ち防止になります

濃い色のインクでベタ印刷をしたり、広い面積を印刷したりした場合、水濡れや擦れによる色落ちを防ぐために表面処理をおすすめしています。 PP加工を選ぶ方も多いですが、ニスの方がコスパは優秀です。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る