紙袋を安く作る方法
A

特色をやめて、
黒で印刷する

紙袋の単価は、材料費、印刷費、加工費に分かれます。ここでは印刷費について解説します。印刷費が版の数に影響を受けることは、「フルカラーをやめて二色刷りにする」でも説明しましたが、実は色によってインク代も多少異なるのです。もし一色や二色印刷にするなら、黒を選ぶと最安になります。

かみちゃん
かみちゃん: (紙袋をフルカラーから一色刷にしたらかなり見積もりが下がったわ。
あのブタ、ただの食べられないブタじゃなかったわね。)
ぶたさん
「ブタだ!」って喜んでいたのは、食うためだったのか!?
かみちゃん
かみちゃん: 出たわねブタ。心を読むのをやめてくれる?正直キモい。
ぶたさん
今日はもっと安くなる方法を教えにきたんだよ。
見積もり段階のうちにと思って。それなのに恩知らずなOLだな。
質アプリのCASHで誤タップする呪いをかけてやろうか?
かみちゃん
かみちゃん: 元彼にもらった4℃をCASHで売ろうとしてるの、なんで知ってるの!?
誤タップするとどうなるの!助けてブタさん!
ぶたさん
ブヒブヒ。わかればいい。 この前はフルカラーから二色刷にすると安くなることを話したね。一色刷りならもっと安い。でも、もっと安くするこつを話し忘れた。
同じ一色印刷でも、使う色によって印刷費が変わるんだ。
かみちゃん
かみちゃん: 一色印刷でデザインを直したところなの。illustratorを覚えて自分でやったのよ、エライでしょ?このオレンジで刷るつもりだけど。
ぶたさん
これが新しいデザインだな。プロが作ったデータをいじっただけとはいえ、特色指定もされているしなかなかの出来だ。
これだけでも安くなったろう。
かみちゃん
かみちゃん: はい!でももっと安くできるなら安くしたい。
ぶたさん
特色をやめることだな。インクの価格は色によって違うんだ。
特色はプロセスカラー(CMYK)よりも高い
プロセスカラーの中でも、微妙だが価格に差がある。
かみちゃん
かみちゃん: 何色が安いのか早く言ってよ。
ぶたさん
K(黒)だ。
かみちゃん
かみちゃん: 黒〜? なんか地味だしお通夜っぽくない?
ぶたさん
うん。このままだとお通夜っぽいな。
特に上の帯が真っ黒なのがいけない。
ちょっとデザインを変えないと、企業の先進性やパワーを感じないな。
かみちゃん
かみちゃん: まだillustrator覚えたてで、デザインを変えるのは自信ないよ…。
ぶたさん
ロゴを動かすだけだから簡単だ。紙を変えるという手もある。
白色の紙にロゴを据えるだけのデザインは、簡単なようでけっこう間を持たせるのが難しい。
でも、未晒クラフト紙を使うと、黒でロゴを置いただけで不思議といい雰囲気になったりするんだ。
かみちゃん
かみちゃん: あ、ほんとだ。悪くない。
ちょっとカジュアルだけど、そこに若さを感じるわ。
帯をとってロゴを真ん中に置くだけなら私でもできる!
ぶたさん
紐はオレンジだから、ちゃんとコーポレートカラーも入っているブヒ。
まとめ

黒一色でもデザイン次第でおしゃれ!

インクによって価格が違うので、同じ一色印刷なら、特色よりもCMYKを使った方がお安くなります。CMYKの中で一番安いのはK(黒)なので、最も安価なのは黒一色印刷です。デザイン次第では、黒一色でも明るい雰囲気にすることは可能です。デザインを安くあげたい時は、ロゴを置くだけに。未晒クラフト紙を使うとそれだけで間が持ちます。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る