神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

底や折り返しまで柄を印刷するデザイン

Lesson6-05

折り返し部分に
四角形を描き
塗り足しと塗り控え

正面、背面、マチ、底、折り返し、すべてに異なる柄を入れたいなら、それぞれの四角形を描いてから順にデザインを配置していきます。図のようなモノトーンで全面柄を配した紙袋のデザインの工程をお見せします。ここでは折り返し部分のデザインをします。

折り返し部分の四角形を描く

正面、背面を作った時と同じ要領で、もらったデータに最初からベースとして描かれていた点線の四角形を、利用します。

「点線サイズレイヤー」に点線で描かれた二つの四角形を選択してコピー。
「デザイン入稿レイヤー」を選んで、コピー元と同じ位置にペースト。
Mac…⌘+B
Win…Ctrl+B

わかりやすいようにピンクに塗りました。
また、線は不要なので線の塗りを外しました。
「点線サイズレイヤー」はロックしておきましょう。

折り返し部分の四角形の塗り足し

折り返し部分は、左右と天に3ミリの塗り足しを行います。
ダイレクト選択ツールに持ち替えて、方向キーを3回押して3ミリずつ大きくします。

これは左上の部分です。

左右と天を3ミリずつ大きくしました。
下の部分は、折り線から10ミリ上に塗り控えをしなければなりませんが、ここでは正面図と背面図の下に折り返しの四角形があるので、いじらないことにしました。

 イラストレーターでは、他のオブジェクトの下にあって表示されていないオブジェクトは、そこにデータがあっても印刷はされません。

折り返し部分が前面にきていた場合は、後ろに送る

 コピー元の四角形が、このような上下関係になっていたために、たまたま正面と背面の四角形が前面になっただけなので、もし折り返しが前面にきている場合は塗り控え(折り返しの四角形の下のラインを、10ミリ上に移動させて縮小させる)が必要ですよね。
でも、四角形のサイズを変更するよりもっと簡単な方法があります。
正面図と背面図の四角形を前面に、折り返しを背面にくるようにすることです。

 もし折り返しをペーストした結果がこうなら…(折り返しが前面にきています)

 折り返し部分を選択して、「オブジェクト」→「重ね順」→「最背面へ」を選択します。

 すると折り返しの四角形が正面図、背面図の後ろ側に配置されました。

かみちゃん
かみちゃん: ここピンクも悪くないなあ。
でも二色刷りになると印刷費が上がるのでモノトーンに統一します!

重ね順を変えるのはイラレでは必須テクニック

レッスン6で今さら初めて登場しましたが、データを作成しているとオブジェクトの重ね順を変更したいというシーンは必ず出てきます。Illustratorでは必須の技なので、ショートカットキーを覚えておくと便利ですよ!
前面へ送る  Mac…⌘ + ]  Win… Ctrl + ]
背面へ送る  Mac…⌘ + [  Win…Ctrl + [

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る