閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

白インキとは

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

白インキとは

メニュー 閉じる

しろいんき

【白インキ】

印刷インキのうち、特色の白いインキのこと。
やや不透明のため、色のついた紙の上や、ほかの印刷の上から重ねて使うことができる。

オフセットカラー印刷では、プロセスカラーと呼ばれる4色(CMYK)を組み合わせて無段階の色調を再現します。これは、紙が白いことを前提とした印刷方法です。白い色は印刷をしないことで、白を表現します。
しかし、紙に色がついている場合は白を出すことができません。そこで特色の白いインキが作られました。
白インキは未晒クラフト紙との相性がよく、このようなデザインに使われます。

白インキにも種類があります。真っ白ではなく、やや色の入った白インキもあります。
この紙袋は、DIC2226(赤みの白)と、DIC2230(赤みの紫)という二つの色で刷られています。

白インキは完全に不透明ではなく、やや地の色が透けることも特徴です。プロセスカラーでベタ印刷するよりも、ふんわりしたやわらかい表現になります。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    白インキは未晒クラフト紙だけでなく、カラークラフト紙の上に刷っても面白い効果が出せる。

  • 例文 2

    茶色い未晒クラフト紙に白インキで刷ると、ただロゴを置いただけでも何となくおしゃれに見える。

  • 例文 3

    カラフルな印刷の上に白インキを重ねると、さらに特殊な表現になる。が、結果を予測しづらいので経験豊富なデザイナーにしかできない技かもしれない。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021