閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

メニュー 閉じる

りっちぶらっく

【リッチブラック】

K100%に、他の色も加えることで深みのある黒を刷る方法。


●リッチブラックにする時のCMYKの割合
C50%
M40%
Y40%
K100%

K100%でも黒にはなりますが、より濃い黒にしたい場合にリッチブラックを使います。
ただし、K版だけなら多少ずれても目立ちませんが、リッチブラックにすると4版使うので、版ズレする可能性は4倍になります。そのため、黒く出したいところを何でもリッチブラックにすればいいというわけではありません。
特に、小さな文字を刷る時にはわずかなズレが致命的となるので、リッチブラックは避けます。

スミノセを避けたい時も、リッチブラックを使用することがあります。
詳しくは「関連する記事」をご覧ください。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    リッチブラックは印刷でしか使わない。ウェブデザインにはリッチブラックはありません。モニターで表示する色は、カラーモードがCMYKではなくRGBだからです。

  • 例文 2

    何でもリッチブラックにすればいいってもんじゃない。

  • 例文 3

    透けては困る部分にリッチブラックを使うことがある。たとえば、人物に目線を入れたりする場合。

お客様インタビュー

お悩みをどのように解決されたか教えていただきました。

インタビューをもっと見る

有限会社井上工業所 Copyright © 2021