不動産会社様の紙袋の事例を紹介します【I-962】

不動産会社様の高見えな紙袋

東京都にある不動産会社様の紙袋事例です。 街の不動産屋さんというよりも、都心の分譲賃貸に特化した会社様になります。 書類での取引には欠かせない、A4サイズオーダーで製作しました。 その名の通りA4サイズ書類に合わせたプランです。 バインダーやファイルも収められるよう、多少のゆとりを持たせているので、粗品なども同梱できます。

黒色をうまく利用した高見えするデザイン

都心の分譲賃貸というと、かなりの高額取引が予想されます。紙袋はフルスペックの高級仕様となりました。 白紙を真っ黒に塗りつぶしたことでロゴが美しく目立ち、グラデーションがまるで輝いているようです。 色味は多くはありませんが、贅沢な4色印刷で表現されました。 提げ手も黒色にされたことで、全体的に引き締まっています。 老若男女問わず持ち運びやすいラグジュアリーな雰囲気です。 とても単価150円台~には見えない、高見えするデザインとなりました。

使用した用紙について

意外と印刷に大切な用紙の印刷適正

全体を塗りつぶす場合「どうせ色なんて分からなくなるし下地の用紙なんて何でもいいんじゃないか」と思われがちですが、それは大間違いです。
用紙によってインクの発色や全体の雰囲気まで左右されます。
今回使用したA2コート紙は、最高級ランクの白紙です。
印刷適正に優れているので、発色は思いのまま。理想を表現できるでしょう。

使用した用紙について

再利用される紙袋になる、便利な提げ手

印刷カラーに合わせたハッピータックを使用することで、まるでそのためにうまれてきた素材なのかと思うほどによく馴染んでいます。
消耗品である紙袋が、再利用可能なセカンドバッグに昇格しました。
ハッピータックの根元の凹凸を合わせれば、口を閉じることもできます。
一度の使用で廃棄するには勿体ない、誰もはそう感じるでしょう。

使用した用紙について

光沢のない表面加工で上品さを演出

コート紙を使用していると、どんなにシンプルなデザインでも表面加工は必須となります。
特に今回はインクを全面に塗布しているので、例えコート紙以外を使用していたとしても色落ちを防止するためにも加工がオススメです。
加工の種類は問いませんが、こちらは洗練された上品な印象を与えるマットPP加工を選ばれました。

この商品のスペック

カテゴリーA4サイズオーダー
業種不動産会社都道府県東京都
業種不動産会社
都道府県東京都
枚数1000枚製品単価/枚150円台〜
枚数1000枚
製品単価/枚150円台〜
用紙A2コート紙157g/㎡
サイズ幅280×マチ80×高さ360mm
印刷4色印刷
表面処理マットPP加工
提げ手ハッピータック
オプション底段ボール台紙あり
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

製作前のワンポイントアドバイス

フルスペック仕様でリッチな雰囲気の紙袋が、単価150円台~とは驚きでした。
理由は弊社自慢の規格サイズをご利用いただいたことや、まとまった枚数での製作であったことなどいくつか考えられます。
詳しくは激安紙袋を作る方法ページにも記載があるので、ぜひご覧ください。

不動産会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る