寺院様の紙袋の事例を紹介します【I-853】

寺院様のシンプルで上品な紙袋

東京都にある寺院様の紙袋事例です。 本堂は平成元年に再建されたので新しく見えますが、江戸時代初期に開山された歴史の長い寺院様になります。 ジャストニーズフルオーダーで製作しました。 マチが200mmとかなり広めに設定されています。 弊社の規格サイズでは120mmが最大なので、それ以上のものを入れるためにこちらを選ばれたのでしょう。

シンプルながらも上品な雰囲気が漂います

家紋と寺院名、シンプルに表現されたデザインはグレーのように見えますが、実は黒色の1色印刷になります。 色の濃淡によってグラデーションが描けるように、こちらは濃度75%に設定。 深みのあるグレーにような、上品な色合いに仕上がりました。 微々たる差ですが、印刷のインク費用は黒色が最も安価です。 安価に仕上げるため黒×白でモノトーン調にデザインされることが多いのですが、こういった使い方もできます。 とても参考になる事例でした。

使用した用紙について

求めるイメージによってお選びください

深みのあるグレーの上品な印刷カラーには、光沢のない晒クラフト紙がよく合いました。
光沢があると華やかな印象、光沢がないと落ち着いた印象を与えます。
寺院様のもつイメージからも、後者が最適。
葬礼にも使用できる厳かな雰囲気を演出しました。
コストも比較的安価なので、とても人気がある素材です。

使用した用紙について

上品な雰囲気に見合った高級感のある提げ紐

こちらの紙袋の高級感を押し上げているのは、この提げ紐。
アクリル丸ヒモになります。
上質なアクリル製の紐は肌さわりがよく衣類に使用されるほど。
今回は穴タイプでの取り付けで、更に上品さをプラスしました。
ひとつひとつ手作業での取り付けになるので単価はやや上がってしまいますが、スマートな見た目に仕上がると好評です。

使用した用紙について

紙袋全体にハリを与えてくれるPP加工

PP加工は薄いフィルムを印刷面の上から被せるように貼る加工です。
これを追加することで、印刷の保護になるのはもちろんのこと紙袋全体のハリが向上。
特に今回のように片艶晒クラフト紙のような100g/㎡~120g/㎡と一般的な厚みの用紙を使用した場合、PP加工によって厚みが倍増し、質感や雰囲気が全く違ったものになります。

この商品のスペック

カテゴリージャストニーズフルオーダー
業種寺院都道府県東京都
業種寺院
都道府県東京都
枚数3000枚製品単価/枚120円台〜
枚数3000枚
製品単価/枚120円台〜
用紙晒クラフト紙120g/㎡
サイズ幅320×マチ200×高さ320mm
印刷1色印刷
表面処理マットPP加工
提げ手アクリル丸ヒモ
オプション底段ボール台紙あり
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

製作前のワンポイントアドバイス

フルオーダーに表面加工も追加されていますが、単価は120円台~と比較的安価に収めることができました。
印刷費の計算は1000枚単位になります。
製作枚数が多ければ多いほど、単価は下がっていく仕組みです。
激安紙袋を作る方法のページに詳しい記載があるので、ぜひご覧ください。

寺院様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る