和菓子店様の紙袋の事例を紹介します【I-836】

和菓子店様の和風オシャレな紙袋

長谷寺から鎌倉大仏に向かう大仏通りの途中にある、和菓子店からご注文いただいた紙袋事例です。 名物はわらび餅とのこと。 もちろん大福やお団子など定番の和スイーツも取り扱っておられます。 220ワイドは規格サイズの中で最もマチが広く設定されたサイズです。 型崩れの心配な和菓子も安定してお持ち帰りいただけるでしょう。

オシャレな和風デザインが目にとまります

全体を彩るドットのようなデザインは、店舗のロゴマークです。 よく見ると店名の「竹」のよう。 白紙部分が多いデザインなので通常の網点で表現された1色印刷かと思いきや、これはベタ印刷になります。 ベタ印刷の「ベタ」とはインクの割合が100%。版は網点ではなく平らな状態になります。 通常の印刷よりも色濃く・美しく表現ができるので、あえてこういった印刷のし方をしました。 デザインによってはベタ印刷の方がお得だったりします。詳しくはお問い合わせください。

使用した用紙について

薄めにしてもある程度の強度は保っています

紙らしい手触りを残した晒クラフト紙を、やや薄めに設定された100g/㎡で設定されました。
見た目に変化なくコスト削減を行える、いわば常套手段です。
中に入れるものが和菓子なので、そこまで強固なものは必要ありませんでした。
とは言え、簡単に破れるほどもろくはないのでご安心ください。
無料サンプルをお送りすることも可能です。

使用した用紙について

紙三本ヒモで全体の統一感をアップ

紙素材の提げ紐は太さによって2種類があります。
今回選ばれたのは太めの紙三本ヒモ。
細いものと比べると存在感の強い素材ですが、印刷カラーと同系色を選ぶことで統一感を強調させました。
こちらはオリーブ色です。
種類は全21色からお選びいただけます。
印刷カラーと反対色にしてアクセント使いにするのもオススメです。

使用した用紙について

和のイメージを更に強くしてくれます

濃い色のベタ印刷は、色落ちや擦れが心配なところ。
そこでニス引きを施しました。
比較的安価な表面加工ですが、水没でもしない限りはその保護力に問題はありません。
自然な温かみのある優しい風合いに、和の心を感じます。
またこれはPP加工には出せないもの。
この雰囲気を好まれて選ばれる方が多くいらっしゃいます。

この商品のスペック

カテゴリー220ワイド
業種和菓子店都道府県東京都
業種和菓子店
都道府県東京都
枚数1000枚製品単価/枚90円台〜
枚数1000枚
製品単価/枚90円台〜
用紙晒クラフト紙100g/㎡
サイズ幅220×マチ120×高さ220mm
印刷ベタ1色印刷
表面処理マットニス引き
提げ手紙三本ヒモ
オプションなし
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

用紙をやや薄めに設定したことで、表面加工を施しても単価は90円台~と100円を切ることができました。
もっと下げるには提げ紐を紙単丸ヒモに変更しては?
他にも激安で紙袋を製作する方法は沢山あります。ここでは書ききれないのでまとめのページをつくりました。
ぜひご覧になってください。

和菓子店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る