酒造会社様の紙袋の事例を紹介します【I-714】

酒造会社様の粋な紙袋

創業70年以上の歴史のある酒造会社様の紙袋事例です。 地元の14の酒蔵が合併してできた会社様になります。 320ワイドで製作しました。 一升瓶を横に寝かせて入れられるほどの幅はありません。 縦に2本並べて、もしくは自慢のお酒を使用したケーキやショコラなど食品の販売もされているので、それらを入れる販売用紙袋でしょう。

見て楽しめる遊び心溢れるグラフィックが粋

今回は豊富なグラフィックデザインで、1色印刷とは思えないほど見て楽しめる紙袋となりました。 特にサイド部分と口の内側部分がポイントです。 サイド部分をベタ塗りにして社名などを入れるデザインは多いのですが、こちらはよく見ると一升瓶の形が描かれています。 そこに合併元の家紋が散りばめられ、蔵元様の熱い想いが伝わるようです。 口部分の内側には、海外からのお客様向けにローマ字での社名と、蔵の歴史が記載されています。 中を見た時に初めて気づく遊び心がにくい演出です。

使用した用紙について

片艶晒クラフト紙だから美しく表現できました

片艶晒クラフト紙は安価で印刷の再現力が高い優秀な素材です。
酒蔵様といえば軒先に飾られている「杉玉」を思い浮かべる方は少なくないはず。
象徴とも言える飾りですが、チクチクとした独特な質感をグラフィックで表現するのは至難の業です。
片艶晒クラフト紙は平滑処理により印刷適正を上げているからこそ美しく表現できました。

使用した用紙について

柔らかいPPヒモで手を労わる

PPヒモは太く柔らかい手触りが特徴です。
水没しても強度に変わりなく、丈夫なことから重たいものを入れる際に適しています。
一升瓶を2本並べて入れると、重さは3kg以上。箱入りなら4kg近くなるでしょう。
底が抜けるようなことはないにしろ、手への負担は相当です。
重さへの配慮により選ばれた提げ紐でした。

使用した用紙について

ニス引きだから出せる温かみがあります

和のイメージが強い杉玉や家紋のグラフィックがツヤツヤ輝いていると、なんだか少し違和感を感じてしまいそうです。
そこで淡く優しい光沢のニス引きで印刷面を保護することにしました。
PP加工と比べると保護力は劣るものの、この温かみのある質感はニス引きにしか出せないものなので、昔から変わらず人気のある加工です。

この商品のスペック

カテゴリー 320ワイド
業種 酒造会社 都道府県 新潟県
業種 酒造会社
都道府県 新潟県
枚数 5000枚 製品単価/枚 50円台〜
枚数 5000枚
製品単価/枚 50円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ400mm
印刷 1色印刷
表面処理 ニス引き
提げ手 PPヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

5000枚と大量注文をいただけたので、単価は50円台〜と安価に収まりました。
表面加工やオプション追加とフルスペック仕様ですが、素材選びや製作枚数によっては大容量サイズでもこんなに低価格で製作が可能です。
もっとコストを下げる方法は、紙袋を激安で作る方法のページをご覧ください。

酒造会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る