海藻加工会社様の紙袋の事例を紹介します【I-665】

海藻加工会社様の想いが伝わる紙袋

海藻加工会社様の紙袋事例です。 加工だけでなく基礎研究から商品開発、製造・販売まで、トータルに海藻商品を取り扱える総合メーカー様になります。 めかぶやもずぐなど個々はさほど大きくないものの、乾燥したものなら消費期限も長いので、まとめ買いにも対応できた方がマスト。 大容量サイズ320ワイドでの製作となりました。

お客様への想いを代弁してくれる、気遣いの紙袋

日本人ほど海藻を食べる民族は世界中にいないそう。 海から水揚げされた海藻から小さな海の生き物や小石、目を凝らしてようやくそれとわかる貝殻などを取り除くのは、なんと「人の手」です。 機械工程ではできないきめ細かな作業。 なんだか熱い想いと温もりを感じます。 もちろんそれは紙袋にも表れていて、表面に書かれているのは何よりも感謝の言葉。社名はサイド部分に描かれています。 濃い色のベタ印刷に白抜きなのでとても目立ち、お客様への想いがきっと伝わるでしょう。

使用した用紙について

ベタ印刷には印刷適正の高い片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、片面だけ紙特有の凸凹をプレスして滑らかにしています。
それによってインクの発色が良くなり、繊細なグラフィックも美しく表現することができるようになりました。
ベタ印刷は濃い色ほど再現が難しく、用紙を選びます。
コート紙と言わずとも、こちらくらい印刷適正の高い素材が適しているでしょう。

使用した用紙について

芯を入れて利便性をあげたアクリル丸ヒモ

スウェットの腰紐やスニーカーの靴紐としてお馴染みのアクリル丸ヒモを使用しました。
お客様の手に直接触れるものなので、上質なものを選ばれたのでしょうか。
柔らかい手触りで持ち心地が良く、ダイレクトに高級感が伝わります。
また中に芯を入れたことでピンと自立し、上げ下げの利便性も向上させました。

使用した用紙について

マットニス引きで安価にベタ印刷を保護する

ベタ印刷は表面加工必須ではありません。
よほど雑に扱わない限りは心配ありませんが「万が一」ということもあります。
濃い色ほど擦れた時の傷は目立ちやすく、お客様の洋服についてしまっては大変です。
ニス引きはPP加工に比べると保護力劣りますが、安価に心配を和らげるには十分な効果が得られます。

この商品のスペック

カテゴリー ジャストニーズフルオーダー
業種 海藻加工会社 都道府県 熊本県
業種 海藻加工会社
都道府県 熊本県
枚数 1000枚 製品単価/枚 100円台〜
枚数 1000枚
製品単価/枚 100円台〜
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ270mm
印刷 ベタ1色印刷
表面処理 マットニス引き
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

お客様のことを想えばこその上質な素材のチョイスで、単価は100円台~となりました。
スペックを変えずに単価を下げるには製作枚数を増やすのが近道です。枚数によっては半額も夢ではありません。
他にも激安で紙袋を製作するヒントを沢山掲載している専用ページもあるので、ぜひご覧ください。

海藻加工会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る