化粧品会社様の紙袋の事例を紹介します【I-654】

化粧品会社様の大人オシャレな紙袋

創業100年以上を誇る、老舗の化粧品会社様の紙袋事例です。 化粧水などのスキンケア用品から整髪料まで様々な製品を企画・開発から製造・販売までされています。 化粧品が中心なので、大型のものを入れることはないのでしょう。 220ワイドで製作しました。 弊社の規格サイズで最もマチが広いので、幅広い商品が安定して入れられます。

コントラストで見せる美しいデザイン

社名であるウテナとは、花の萼(がく)のことだそう。 つまり「花の美しさを支えるようにすべての人の美しさの支えとなりたい」という願いが込められ、ロゴにも使用されています。 一見、モノトーンでまとめられたスタイリッシュなデザインに見えますが、実は4色印刷です。 どこに色味をもたせているのかと言うと、シンボルマークの花のロゴ。 あえて他をモノトーン化することで、自然と輝くロゴに目線がいきます。 ひとつに企業様の想いを全て込めてられているのがよく分かるデザインでしょう。

使用した用紙について

丈夫な白紙で保護力アップ、晒クラフト紙

クラフト紙ベースの白紙で丈夫な晒クラフト紙を使用しました。
表面加工を追加しているので、元の素材の質感などは失われます。
強度の問題によるチョイスでしょうか。
紙は加工を加えるほど弱くなるので、平滑処理を施していんさ印刷適正をあげた片艶晒クラフト紙よりも漂白のみの晒クラフト紙の方が強度が高いと言えます。

使用した用紙について

機能性もあがる芯入りアクリル丸ヒモ

アクリル丸ヒモに芯を入れて使用しました。
衣類に使用される紐なので、デザイン性が高く女性受けが良いのが特徴の素材です。
しかし柔らかい手触りで一度手を離すと紐が倒れ、持ち直す際にやや不便。
そこでオプションで芯入れを追加し、片手でサッと持てる利便性をアップしました。
また紐同士が絡まずスマートな収納が可能になります。

使用した用紙について

マットPP加工で紙袋全体の強度をアップ

光沢がなく上品なマットタイプのPP加工をチョイス。
ギラギラと輝き華やかなグロスタイプと2種類がありますが、今回は落ち着いた印象を優先されました。
薄いフィルムを貼る加工なので、厚みが増し重厚感がうまれます。
もちろん耐久性・耐水性も格段にアップ。
あるとなしでは素人目にも分かるほど、質感・強度ともに全く違います。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 化粧品会社 都道府県 東京都
業種 化粧品会社
都道府県 東京都
枚数 3300枚 製品単価/枚 非公開
枚数 3300枚
製品単価/枚 非公開
用紙 晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ320mm
印刷 4色印刷
表面処理 マットPP加工
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙あり
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回はスキンケア用品は一般的に液体ビンが多いからか、特に耐久性を重視した強度の高い仕様でした。
重たいものを入れる際だけでなく、大きなサイズで製作をお考えの方にも参考にしていただきたい事例です。
とは言え、コストも気になるところ。激安紙袋を作るコツをまとめたページもぜひご覧ください。

化粧品会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る