非破壊検査会社様の紙袋の事例を紹介します【I-437】

非破壊検査会社様の書類用紙袋

広島県にある、非破壊検査の会社様の紙袋です。規格サイズオーダーの中サイズで制作しました。規格サイズオーダー中サイズは幅260mm、マチ100mm。幅210mmのA4書類にジャストフィットする紙袋です。A4書類用には、A4サイズオーダーもおすすめですが、マチが80mmなのでもう少し厚みが欲しい時は規格サイズオーダーの中サイズが合います。

厚手の紙と加工で強度アップ

非破壊検査というのは構造物を壊さずに内部の状況を検査するという技術サービスです。専門色が強く信頼性が最も求められる業種と言えますね。コーポレートカラーの濃紺を使って、シンプルに引き締まった印象に作られたデザインで、信頼性をしっかりアピールしています。厚手の紙とPP加工でしっかりした固さがあるので、全体的に落ち着いた印象が漂っています。強度の高い紙袋なので、書類をたっぷり入れても型崩れしません。

使用した用紙について

157g/㎡のコート紙を使用

紙袋の紙は、120g/㎡の厚さが最も多く使われています。食品用、アパレル用、雑貨用、書類用など、ほとんどの用途で120g/㎡でかまいません。書類用でも、120g/㎡あれば使用には問題ありませんが、質感をよりしっかりしたものにしたい時はワンランク上の厚さの157g/㎡にされるといいでしょう。

使用した用紙について

濃紺のハッピータックでより堅牢に

ハッピータックはプラスチックのハンドルです。紙紐やアクリル紐と違ってぐにゃぐにゃしないので、持った時に安定感があります。また、ハンドルを合わせて閉じることができるので、荷物を汚したり落としたりする心配がありません。多少の雨なら書類やカタログを塗らさず運べますから、営業用の紙袋としても便利です。

使用した用紙について

より紙袋を強くするPP加工

厚手の紙に、PP加工を施してさらに丈夫に仕上げました。PP加工はフィルムを一枚貼り付ける加工なので、紙にさらに厚みが出ます。折り目もしっかりとして型崩れを防いでくれます。また、印刷の色落ちを防ぐ、汚れを防ぐ、破れを防ぐ効果が得られます。グロスタイプは主張の強い高級感、マットタイプは落ち着いた高級感が出ます。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(中)
業種 非破壊検査会社 都道府県 広島県
業種 非破壊検査会社
都道府県 広島県
枚数 1,000枚 製品単価/枚 120円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 120円台〜
用紙 コート紙157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ360mm
印刷 特色2色
表面処理 マットPP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

ハイスペックな紙袋ですが、規格サイズオーダーを利用しているのでお安く製造できました。規格サイズは機械の製造ラインが固定ですので、そのぶん製造効率がよく、お得です。A4書類用の紙袋なら、規格サイズオーダーA4サイズオーダーをご利用下さい。

非破壊検査会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る