独立行政法人様の紙袋の事例を紹介します【I-324】

独立行政法人様の高品質な紙袋

石油、天然ガス、鉱物などの資源開発を行っている独立行政法人様の紙袋です。非常に事業規模の大きい組織で使用されること、比較的高級な素材を使っていることを考えると、1000枚というロットでも特定の講演会・イベント等での資料配布に用いられるものかもしれません。A2コート紙をはじめとした素材や加工により、しっかりした作りの紙袋になっています。

4色のデザインを知的でシャープに実現

「自然」「大地」「誠実」をグリーン、オレンジ、ブルーで表現した社名ロゴマークを右上に配置し、それらのデザインシルエットを淡いグレーで大きめに展開することで、色彩がうるさくならないように配慮されたデザインになっています。このように4色をつかう場合、その使用を限定的にしないと垢ぬけたデザインになりません。こちらの事例はそこを上手に切り抜けており、見るものに知的でシャープな印象を与える紙袋になっています。

使用した用紙について

微妙な色身も再現できるコート紙

コート紙は、上質紙をベースに鉱物、顔料などで表面をコーティングしたもので、きめの細かい純白と、写真や細かいデザイン、微妙な色味を忠実に再現することができる用紙です。その中で2番目にグレードの高い用紙がA2コート紙です。注意点としては、印刷面が割れやすい、ということが挙げられますが、こちらの事例のようにPPラミネート加工をすることで防ぐことができます。

使用した用紙について

コート紙に合うアクリル丸ヒモ

アクリル原料の糸を編んだもので、靴ヒモなどにも使われています。紙ヒモ等より手触りが柔らかく、見た目にも高級感があるため、紙袋本体をコート紙で作る場合、とても良くマッチします。こちらの事例でも、コート紙にPPグロスラミネート加工という、硬質な紙袋本体に、アクリル丸ヒモの素材感が良くフィットしています。

使用した用紙について

鋭い光沢のグロスラミネート加工

紙の表面にポリプロピレン製のフィルムを張る加工です。これによって、紙の強度がアップするため、雑誌の表紙などに広く使われています。弊社では、コート紙を使用した場合、印刷面の割れを防ぐために、必ずPPラミネート加工を施すことをおすすめしています。艶消しのPPマットラミネート加工もご用意しています。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(中サイズ)
業種 独立行政法人 都道府県 東京都
業種 独立行政法人
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 非公開
枚数 1,000枚
製品単価/枚 非公開
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ345mm
印刷 4色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

規格サイズオーダーは、入れるものの大きさが合えば弊社では最もお得になるサービスです。今回のように比較的高級な素材を用いても、トータルで計算するととてもリーズナブルな料金で御社オリジナルの紙袋を作ることができます。ニーズと料金の間で悩んだ際は、ぜひ弊社にご相談ください。デザインの参考になる紙袋事例はこちらにもたくさんございます。

独立行政法人様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る