和風カフェ様の紙袋の事例を紹介します【I-214】

和風カフェ様のお抹茶色の紙袋

東京都の和風カフェ様の紙袋です。日本茶専門店ですが、和風の店内でゆったりというよりはテイクアウトがメインのお店のようです。コーヒー感覚で日本茶をテイクアウトというのは新しいですよね!規格サイズオーダーの中サイズでご注文いただきました。マチが10cmあるので、飲み物やデザートのお渡しにぴったりサイズです。

ベタ印刷に白抜きで
オシャレにお茶を表現!

こちらは本格的な日本茶カフェであり、書店に併設されていて店内にはお茶の本が置かれているというブックカフェでもあります。そのため正面に描かれているのは急須と本。マチには茶筅が描かれています。茶筅の細かい竹の先はマチが折り込まれることでより細かく見えてます。マチ部分は実は紙袋を持って歩いた時に後ろから良く見える部分なので、アピール度が高いスペースなのです。抹茶色の特色ベタ印刷で絵柄は白抜き。とてもシンプルですが素敵なデザインです!

使用した用紙について

色も細かさも必要十分な印刷適性
晒クラフト紙

この紙袋はPP加工をしているので質感は失われていますが、晒クラフト紙は紙の質感が残っていて柔らかな雰囲気なので和風紙袋に似合います。コート紙や片艶晒クラフト紙と比べると印刷適性が低い紙ではあるのですが、和紙のようなザラザラではありません。ご覧の通り細かいイラストや文字もしっかり綺麗に出ますのでご安心下さい。

使用した用紙について

ネジネジが和の雰囲気を醸し出す!

紙三本ヒモは、細めの紙紐をネジネジと三本撚り合わせたもの。紙単丸ヒモよりも少し太めでアクセントになります。注連縄のよう…とまではいきませんが、つるっとした紐よりも和風のイメージが強くなります。21色のバリエーションからお選び下さい。この紙袋は本体の色とぴったり合う色の紐がありました!

使用した用紙について

マットPPで特別な高級感を

中身がドリンクやデザートなど水っぽい食品の場合、耐水性を高めるならPP加工がおすすめ。ニス引きでも多少の耐水性がありますが、内側からの水漏れに対応するならフィルムで覆うPPの方がより安心感があります。手触りもワンランクアップして高級感が出ます。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(中サイズ)
業種 カフェ 都道府県 東京都
業種 カフェ
都道府県 東京都
枚数 500枚 製品単価/枚 110円台〜
枚数 500枚
製品単価/枚 110円台〜
用紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ280mm
印刷 1色(ベタ)
表面処理 マットPP
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

食品を入れる紙袋ですと、マチが10cm以上のものが一般的です。弊社の紙袋の場合、規格サイズオーダーの大サイズは11cm、中サイズが10cm、小サイズが12cmあるのでいずれもおすすめです。規格サイズオーダーはフルオーダーよりもお得なので、まずはこのサイズの中で合うものがないかご検討下さい。その他のたくさんの紙袋制作事例はこちらご覧いただけます。

カフェ様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る