神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

入稿データの作り方

Preparation-01

文字はすべて
アウトライン化
しましょう

デザインが完成したら入稿データを作成します。文字は文字のまま入稿すると、デザインが崩れてしまうことがあります。そこで、入稿する際はすべて図形化する必要があるのです。これをアウトライン化と言います。

文字のアウトライン化とは?

文字データを図形化することを言います。
フォントには、書体、文字のサイズ、字間、行間、スタイルなどのたくさんの情報が詰まっています。
フォントデータは特定のフォルダに入っていて、その情報を参照して表示しているので、様々なアプリケーションで使えるのです。

同じフォントデータが存在しないPCでファイルを開くと、Illustratorは代わりに別のフォントデータを使って文字を表示します。

するとこのように、見た目がまったく違う文字になってしまうのです。
せっかくのデザインが台無しですね!
字がくっつき合ってしまったり、判別できない状態になることもあります。

文字からフォント情報を奪って図形化してしまえば、
どのPCで開いても同じような見た目で展開されるようになります。

アウトライン化する前の注意点

必ず元データを別名保存しておいてください。
アウトライン化すると、元には戻せません。
また、文字としての修正は一切できなくなくなります。
ファイル名は「紙袋**.ai」「紙袋2.ai」のようにではなく、
「紙袋_out.ai」や「紙袋_入稿.ai」などわかりやすくしておきましょう。

文字をアウトライン化する方法

漏れがないように、通常はファイルに描かれたオブジェクトの「すべてを選択」して一発でアウトライン化します。

この時に注意すべきなのは、オブジェクトやレイヤーのロックを解除しておくことです。
ロックがかかったオブジェクトやレイヤーに対しては、アウトライン化の命令が効きません。
文字が残ってしまう可能性があるので、次の二つを必ずします。

1.レイヤーのロックを解除する。
レイヤーの左側にある四角に、南京錠のマークがないか確認します。
あれば南京錠のマークをクリックすればロックが解除されます。

2.オブジェクトのロックを解除する。
「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択します。
ロックされているオブジェクトがない場合は薄いグレーの文字で表示されて、選択できません。

これですべてのオブジェクトを選択できる状態になりました。
「オブジェクト」→「すべてを選択」し、
「書式」→「アウトラインを作成」を選びます。

すると文字がこのように変化しました。
これでアウトライン化は完了です!

ファイルを別名保存して複製するのを忘れないで!

一度アウトライン化してしまうと、文字情報ではなくなっているので、もし誤植があったとしたら文字部分は作り直しになります。これ、プロになってからでも私は何度かやってしまったことがあります。文字が少しだけならいいですが、たくさんある場合、手が込んだいじり方をしていた場合は大惨事です…。お気をつけください。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る