神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

底や折り返しまで柄を印刷するデザイン

Lesson6-06

折り返し部分に
柄を入れ
QRコードを置く

正面、背面、マチ、底、折り返し、すべてに異なる柄を入れたいなら、それぞれの四角形を描いてから順にデザインを配置していきます。図のようなモノトーンで全面柄を配した紙袋のデザインの工程をお見せします。ここでは折り返し部分のデザインをします。

折り返し部分に柄を入れていく

これは正面図やマチと同じ要領です。
スウォッチに登録して柄を入れていきます。
画面左側にある折り返しにはQRコードを入れたいと思うので、コードの読み取りを邪魔しない明度差の少ない柄を入れたいと思います。

○シームレスパターン様より、以下の素材をお借りしました。
「ホワイト系の西洋柄アラベスク風パターン」
http://www.pattern-sozai.website/data/1245.php
「シマウマのアニマル柄、シームレスパターン」
http://www.pattern-sozai.website/data/92.php

左側にホワイト系のアラベスク、右にゼブラを入れました。

かみちゃん
かみちゃん: ド派手すぎで名古屋人の血が騒ぐわあ…。

QRコードを作成する

QRコードは、ウェブ上で無料で作ることができます。「QR 作成」で検索すると色々なサイトが出ます。どこを使ってもOKです。
Google先生に聞いて一番最初にヒットしたのがこちら。

○QRのススメ様
https://qr.quel.jp/

「さっそく作る」をクリックして、目的別で「URL」を選んでURLを入力すると、簡単にQRコードをゲットできます。
ちなみに、このサイトで作成できるQRコードはURLだけではなく、自由メッセージをQRコード化することもできます。

簡単に作成できました。
色を選ぶことができますが、ここでは黒にしました。
「QRコードをパソコンに保存する」にして保存します。png形式で保存されました。

QRコードを配置する

「ファイル」→「配置」で保存したQRコードを呼び出して貼り付けます。
この折り返しは完成したら天地が逆になります。
なので、QRコードも180度ひっくり返しておくべきか?と思うかもしれませんが、実はQRコードは天地が逆でも正確に読み込むことができるんです。
斜め45度にしても、上下逆さまでも大丈夫なので、このまま配置してしまいましょう。

 サイズを縮小します。
QRコードの、読み込める最小サイズは「3.75mm」です。こんなにちっちゃくても読み込めるんですよ!すごい!
でも、こんなに小さいと存在自体に気づいてもらえないので、だいたい1.5センチ角くらいがベストかなと思います。
選択しているオブジェクトのサイズは、右上に出ています。
バウンディングボックスで感覚的に縮小した場合、ここでサイズを確認しましょう。

かみちゃん
かみちゃん: 完成!上のQRコードは読んじゃダメだぞ。

QRコードの重大な注意事項

QRコードの最小サイズは3.57mm。上下は逆さまでも読み込めます。ただし、やってはいけないことがひとつだけ。それは、白黒を反転させないこと!これ絶対! QRコードは明度差を認識しているので、白黒を反転させると読み込めません。黒地にQRコードを白抜きで置くことはできないということです。黒地の上に置きたい場合は、白い四角形を置いて、その上にQRコードを配置しましょう。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る