神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

底や折り返しまで柄を印刷するデザイン

Lesson6-03

正面、背面の
ベースに
デザインを入れる

正面、背面、マチ、底、折り返し、すべてに異なる柄を入れたいなら、それぞれの四角形を描いてから順にデザインを配置していきます。ここでは、図のようなモノトーンで全面柄を配した紙袋のデザインの工程をお見せします。まずは正面と背面です。

正面を水玉模様にする

ここはスウォッチの出番です。スウォッチの使い方、スウォッチパーツの作り方は、レッスン3にて解説しました。初めてスウォッチを使う方は、まずはレッスン3-1をごらんください。

それでは早速、水玉パーツを作りましょう。
水玉のアレンジの仕方は、レッスン3-9でもご紹介しています。

白い四角形の中心に、グレーの円を置いてスウォッチにドラッグ。
それを正面図の四角形に反映させました。

模様の出方、色を調整しました。
スウォッチの調整の仕方は、レッスン3-3でご紹介しています。

背面をストライプ+無地にする

縦長の四角形を2本描き、一本を白に、一本を黒く塗り、スウォッチに登録します。
ストライプのスウォッチの作り方、アレンジの仕方はレッスン3-4で解説しています。

ロゴを置くためのスペースを、黒い無地のベタにします。
ストライプの上に、長方形を描いて黒く塗りつぶしました。

ロゴを置く

黒いベタの上にロゴを置きます。
ロゴのデータがない場合は、フォントとシルエット素材を組み合わせたり、文字だけでかっこよく並べてそれっぽい雰囲気を作りましょう。

無料で使えるシルエット素材は、「無料で使えるシルエット素材」にて紹介しています。
文字だけでかっこよくする方法は、レッスン5にて解説しています。
色々あるので順番に見てくださいね!

ここではシンプルに文字を置いて、線をひくだけにしました。

次はマチのデザインです!

正面と背面を作ることができれば、あとは同じ要領で四角形を描いて塗り足しをして、そこに柄を入れるという繰り返しの作業です。塗り足しの長さ、場所さえ間違えなければいいだけなので、簡単ですよね!ところどころ、意味がわからんって方は、レッスン1からおさらいしてくださいね。

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る