神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

好きなボディ色にしよう!色付き紙袋

Lesson2-01

背景のあるデザインを
するために
「レイヤー」をわける

レッスン1では、紙の色をいかしてロゴだけ配置するシンプルデザインでした。レッスン2では、ロゴの背景に色をつけて好きな色の紙袋を作ってみましょう!「レイヤー」が出てきますが、概念さえわかれば難しくありません。

レイヤーとは?

レイヤーとは、階層のことです。上の図を見てください。
黄色の背景、黒のベタ、グレイのロゴにわけて、それぞれ異なる階層に描いています。
重なり合うと一枚の絵になります。アニメのセル画と同じです。
イラストレーターでは、複雑なデザインはこの階層を作りながら作業をしていくのが基本です。
その方が作業がしやすくなるためです。

洋服タンスに例えると、ロゴやテキストなど、デザインを構成するものは洋服と一緒。
レイヤーはタンスの引き出しです。
タンスに洋服を入れるとき、下着は下着の引き出しに、シャツはシャツの引き出しにと、整理していれますよね。
ひとつの引き出しに一緒くたに入れると、欲しいものがすぐ出てきませんし、シャツを引っ張り出したら一緒にパンツや網タイツがずるずるくっついてきたりします。

レイヤーとは、複数の要素を整理整頓できるタンスと同じ働きをします。上手く活用することで、作業効率がぐっと上がるので、チャレンジしてみましょう!

かみちゃん
かみちゃん: タンスの中に何が入ってるかわかるように、母上が「靴下」とか「パンツ」とかタンスにシールを貼ってたなぁ・・・レイヤーとまったく一緒で、なんか泣けてくる。

レイヤーの作り方

「ウィンドウ」メニューの「レイヤー」をクリックすると、「レイヤーパネル」が出てきます。
(※すでに出ている場合もあります)
新規でファイルを作成すると、一枚レイヤーがすでにある状態です。
ここにレイヤーを増やしてみましょう。

この図の丸い部分(紙のようなアイコン)をクリックすると、新しくレイヤーが作成されます。
レッスン2の紙袋では、背景に色を塗り、ロゴとURLが入った紙袋を作ります。
そのため、レイヤーは次のように4枚用意します。

レイヤー4 文字
レイヤー3 ロゴ
レイヤー2 背景
レイヤー1 ガイド

まずはレイヤーが4枚になるよう、新規レイヤーを3枚作ってください。
間違ってレイヤーを作りすぎた時は、削除することができます。

この図の丸い部分(ゴミ箱のアイコン)をクリックすると、現在選択しているレイヤーを削除することができます。

慣れるとレイヤーはとっても便利!

レイヤーにわけて作業すると効率的な理由は、特定のレイヤーだけ見えなくしたり、ロックしたりできるためです。背景が完璧にできても、レイヤーをわけていないと、文字をいじろうとして背景を触ってしまう、完璧にできた部分がずれたり壊れたりでイライラ…ということになります。慣れておきましょう!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る