閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

プロセスカラーとはCMYKのこと

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

プロセスカラーとはCMYKのこと

メニュー 閉じる

ぷろせすからー

【プロセスカラー】

プロセスカラーとは、カラー印刷で使用される色のこと。

C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色のことを言います。
この4色の割合を(C40%、M30%、Y40%、K10%)のようにパーセンテージを指定して細かく変えることで、表現できる色は無限大です。

C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)の3原色すべてが重なった部分は黒色に見えます。
だったらK(ブラック)は要らないのでは?と思われますが、日常的に目にしている黒色や濃い黒とは少し違った、くすんだ色合いになってしまいます。
そこでK(ブラック)も加え4色印刷となりました。

ただプロセスカラーで表現できない色もあります。
金色や銀色、蛍光色やパステルカラーなど。
これらはDIC社やPANTONE社の「特色」をご利用ください。

プロセスカラーは特色と比べると格段にお安く印刷することができます。
しかし「版の数」にもよるので、注意が必要です。
例えばオレンジを作りたい場合。
プロセスカラーではY(イエロー)とM(マゼンタ)を掛け合わせて表現します。
2色を使うので、版の数は2つ。
特色では予め調合されたオレンジ色を使用するので、1色になります。版の数は1つ。
この場合、プロセスカラーの方が版の数が多いことから、特色よりも高値に。
このようにどちらも使い方次第です。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    プロセスカラーすべてを使用する印刷を、フルカラー印刷と言います。

  • 例文 2

    プロセスカラーの中でもK(ブラック)が一番安価です。

  • 例文 3

    プロセスカラーのK(ブラック)は、ブルーのBと間違えように、あえてKと表記されています。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021