閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

illustratorにおける配置とは

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

illustratorにおける配置とは

メニュー 閉じる

はいち

【配置】

配置とは、Adobe illustratorで写真やイラストなどのイメージをレイアウト画面に置くこと。

デザインする時には必ず出てくると言っていいほど必須のアクションです。
illustratorでは、ベクトルオブジェクトのほか、ビットマップ画像も使ってデザインができます。

ベクトルオブジェクトとは、illustrator上で作ることのできるオブジェクト。主に、図や文字やイラストなどを作成します。
点と線のデータが数値化されているので、どこまで拡大してもボケません。

ビットマップ画像とは、ピクセルで表現されているデータ。写真です。illustratorでは作れないので、ほかの画像編集ソフトで作ります。画像ごとに画素数が決まっているので、拡大するとボケていきます。

配置とは、このビットマップ画像をillustratorに貼り付けること。また、その機能の名前です。
「ファイル」>「配置」から、配置する画像を選びます。


ファイルを選択する時に「リンク」にチェックを入れるとリンク状態で配置されます。

リンクとは、画像を実際にはillustrator上に配置せずに、別のところにあるデータを呼び出して表示させること。
リンクにチェックを入れずに配置すると画像のデータの重さが、そのままillustratorデータにプラスされます。
データが重くなりすぎて作業に支障が出るので、たくさん画像を配置したい場合、画像が重い場合はリンクで作業します。
リンクしないで配置することを「埋め込み」と言います。


リンク配置された画像は、画像にバッテンが表示されます。リンク画像はあとで埋め込むことも可能です。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    リンクで配置している場合、画像の保管場所(フォルダや階層)を変更すると「リンク切れ」となってillustratorで画像が表示されません。要注意。

  • 例文 2

    配置した画像は、あとでさしかえ(交換)ができますよ。

  • 例文 3

    作業中はリンク配置で作業して、完成データを人に渡すときに埋め込むことがよくある。これは、相手がリンクへの理解がない場合、画像を捨てちゃったり動かしちゃったりするからです。

有限会社井上工業所 Copyright © 2021