閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

解像度と実寸とは

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

解像度と実寸とは

メニュー 閉じる

じっすん

【実寸】

実寸とは、実際の寸法のこと。

画像のサイズを表す単位はいろいろあります。
画素数、dpi、pixel(あるいはmm、cm)など。
このうち、実寸を表しているのは「pixel(あるいはmm、cm)」です。

画素数とは、写真データの情報の最小単位のこと。
画素が多ければ多いほど大きい画像です。

dpiとは、解像度のこと。
解像度は、1インチあたりに画素がいくつ含まれるかを表した単位です。すなわち、データの密度となります。

pixel(あるいはmm、cm)は実寸です。
実際のタテヨコの大きさを示します。
解像度とは反比例する数字です。

撮影されたデータは、画素数を上げることはできません。
ないデータは増やすことができないからです。
その代わり、サイズを小さくすると解像度を上げることができます。
逆に、サイズを大きくすると解像度が下がります。

Webで表示するには解像度が72dpiあればよいのですが、印刷には350dpiが必要です。
もし、使いたい画像が10センチ角だとして、解像度が既に350dpiで、実寸が5センチ角しかない場合は、5センチ角より拡大することはできないということです。

このワードを使うシーンと、使い方

  • 例文 1

    画面上で適当に実寸を合わせて拡大縮小してると、解像度が足りないことに気づかないことがあるので注意。

  • 例文 2

    この画像、実寸で解像度はいくつ?

  • 例文 3

    実寸で合わせると解像度が足りない!

有限会社井上工業所 Copyright © 2021