リフォーム会社様の紙袋の事例を紹介します【I-890】

リフォーム会社様の清潔感×温かみがある紙袋

東京都にある、リフォーム専門の会社様からご注文いただいた紙袋事例です。 外壁のリフォームからキッチン・バス・窓周りなどリフォームに関する事業を幅広く展開されています。 事業内容が多い分、お渡しする資料の数も多いのかと思われます。 320ワイドで大容量サイズの紙袋を製作しました。 少数製作なので展示会用かもしれません。

オレンジ色のもつ効果を最大限にアピール

社名にもある「リリーフ」とは「安心・安堵」といった意味で使われます。 なにか弊害がおきてしまった場所を再生・救済してくれる、リフォーム会社様ならではの言葉です。 やはりイメージカラーは暖色系。温かみを連想させるオレンジがピッタリです。 白紙を基調としたデザインにオレンジを加えることで、清潔感もプラスされました。 また表面の縦ラインにのみ縁取りを入れたことで、縦が強調されてスマートに。 そのまま同色のハッピータックへ自然と目が移るので、異素材も違和感なく馴染んでいます。

使用した用紙について

A2コート紙なら白紙の美しさを強調させます

リフォーム会社様というと、古くなったものを新しく蘇らせてくれる、キレイにしてくれる、イメージがあると思います。
そういったイメージを崩さないためにも、オリジナル紙袋には陶器のように白く美しい白紙を使用したいところ。
A2コート紙は最高ランクと称される上質紙です。
発色もよく白紙も輝く白さがあり、ピッタリな素材でした。

使用した用紙について

ハッピータックの珍しいカラーで人目を集める

A2コート紙×ハッピータックはビジネスシーンにおいてド定番。
王道の組み合わせです。
しかしこちらのようなオレンジ色のハッピータックは珍しく、あまり見掛けません。
展示会など他社が集まる場所でも差別化に役立つでしょう。
利便性の高いハッピータックが、デザイン性も秘めていることが垣間見えました。

使用した用紙について

A2コート紙を使用したら印刷の保護を優先してください

表面加工にはPPグロス加工を施しました。
A2コート紙を使用した場合、印刷の割れを防ぐために表面加工をお願いしていますが、今回のように周りを縁どったデザインの場合は特に必須となります。
印刷の割れは紙の折れ目部分に起きやすいからです。
白い線のようになってしまうので、そこに色があると目も当てられません。

この商品のスペック

カテゴリー320ワイド
業種リフォーム会社都道府県東京都
業種リフォーム会社
都道府県東京都
枚数500枚製品単価/枚170円台〜
枚数500枚
製品単価/枚170円台〜
用紙A2コート紙157g/㎡
サイズ幅320×マチ110×高さ440mm
印刷1色印刷
表面処理PPグロス加工
提げ手ハッピータック
オプション底段ボール台紙あり
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

製作前のワンポイントアドバイス

PP加工は印刷割れを防ぐために必要な加工ですが、単価が上がってしまいます。PP加工をやめたい場合は、用紙にコート紙を選ばないようにしてください。単価を抑えたいなら、「紙袋を激安で作るコツ」のページも参考にしてください!

リフォーム会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る