閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

紅茶専門店様の紙袋の事例を紹介します【I-1239】

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

紅茶専門店様の紙袋の事例を紹介します【I-1239】

メニュー 閉じる

【I-1239】紅茶専門店様の紙袋の事例

モノトーンで可愛い雰囲気の紙袋

スリランカから直輸入した紅茶を専門に扱っている、専門店様の紙袋です。 規格サイズ220はマチが広いので、持ち運びにも安定感があります。袋入り・缶入り・箱入りすべての商品に対応ですね!

リピート割引×プロの技でコスト削減

約2年ぶりにリピート注文をいただきました。 インパクト大のこちらのデザインは、お店様のロゴというわけではありませんが、茶葉を入れた袋にも同じものが印刷されています。 中からも同じ柄が出てくるなんて、なんだかマトリョーシカのようで可愛らしいですね。 シンプルになりがちな黒色1色印刷のモノトーンテイストですが、とても印象的な仕上がりに。 好評いただき、前回から同じデザインでしたので、新たな製版はしませんでした。 製版代が不要となるので、お得に製作ができます。

使用した用紙について

見た目に分からないコスト削減法

片艶晒クラフト紙を100g/㎡と薄めに設定されました。
一般的な厚さは120g/㎡です。
このコスト削減テクニックは、紙袋の形状を損ねる場合があるため大型の紙袋には不向きですが、規格サイズ220程度なら問題はありません。

使用した提げ手紐と取り付け方

上質でオシャレなアクリル製の紐

アクリル丸ヒモにオプションで芯入れを追加ました。
クタッとした柔らかい質感が魅力の提げ紐ですが、芯を入れることによってピンと自立した硬い紐に変化します。
ただ肌さわりの良さは変わりません。上質さがダイレクトに伝わります。

この商品のスペック

カテゴリー
規格サイズ220
業種
紅茶専門店
都道府県
大阪府
枚数
3000枚
製品単価/枚
50円台〜
用紙
片艶晒クラフト紙100g/㎡
サイズ
幅220×マチ120×高さ250mm
印刷
1色印刷
表面処理
なし
提げ手
アクリル丸ヒモ
オプション
なし
運賃送料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作のワンポイントアドバイス

可愛らしい雰囲気の紙袋が、なんと単価50円台~と激安価格で製作できました。用紙の厚さ変更やリピート割引も低価格の理由の一つですが、オプションの追加や上質な素材の使用など、メリハリをつけてこだわられています。
激安製作の秘訣はまとめのページをご覧になってください。

紅茶専門店様にご利用頂いた商品はこちら

幅とマチが固定。食品や雑貨におすすめ

規格サイズ220

高さを決めるだけでオーダーできる規格サイズ。幅220mmは、食品や雑貨におすすめです。

  • 最小ロット500枚~
  • 21~28営業日で発送
  • 送料無料

※繁忙期は納期が変わる場合がございます

幅220×マチ120×高さ自由mm

紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220
紙袋,規格サイズ220

幅とマチが固定。食品や雑貨におすすめ

規格サイズ220

高さを決めるだけでオーダーできる規格サイズ。幅220mmは、食品や雑貨におすすめです。

  • 最小ロット500枚~
  • 21~28営業日で発送
  • 送料無料

※繁忙期は納期が変わる場合がございます

  • 紙袋,規格サイズ220 サイズ
    (高さのみ)
  • 紙袋,規格サイズ220
  • 紙袋,規格サイズ220 印刷
  • 紙袋,規格サイズ220 箔押し
  • 紙袋,規格サイズ220
  • 紙袋,規格サイズ220 表面加工

【サイズの指定】縦、横、マチのサイズが指定できます
【紙の指定】6種類の用紙から選べます
【印刷】1色からフルカラー印刷まで。特色指定も可能
【箔押し】 金箔、銀箔の2色から選べます
【紐の指定】 8種類の紐から選べます
【表面加工】PP加工とニス引きから選べます

見積もりをとる 素材や詳細はこちら

詳細を指定して検索する

※検索結果がうまく表示されない場合は、「条件をクリア」をクリックしてください

オーダーカテゴリー

フルオーダー紙袋

宅配袋

仕様など

制作枚数

価格帯

条件をクリア

タグで一発検索

お客様インタビュー

井上紙袋をご利用のお客様に、ご利用の経緯やお選びいただいた理由、実際の出来映えについて忖度なしに語っていただきました。

インタビューをもっと見る

有限会社井上工業所 Copyright © 2021