閉じる
お問い合わせ
06-6925-3154

平日9:00〜18:00

お問い合わせ

06-6925-3154

平日9:00〜18:00

メニュー

メニュー 閉じる

なぜ、どんな紙袋を作りましたか?

お客様インタビュー
Vol.29

株式会PUKKU

2色の紐で色味と個性をプラスした、お客様に喜んでもらえる紙袋

業種:食品・お菓子
2023年03月31日

お客様情報

株式会PUKKU

https://pukku.amebaownd.com/

奈良県奈良市にある、米粉シフォンケーキ専門店。スタッフの多くがママ!無添加・厳選素材にこだわった、手作りの優しいシフォンやクッキー、ガレットブルトンヌなどの焼き菓子を製造・販売している。

お答えいただいた方

  • オーナー
    冨岡 絵梨子

ママが心を込めて作る、体に優しい手作りシフォンケーキ

ー 御社の事業について教えてください。

冨岡様: 『PUKKU』という米粉シフォンケーキ専門店を営んでいます。 「自分の子供が毎日食べても安心なスイーツ」である事を大切に、無添加にこだわり素材を厳選。契約農家さまから直送いただいている奈良県五條市の新鮮卵をはじめ、北海道産生乳、北海道産小麦粉、九州産米粉、沖縄のキビ砂糖などを使い、毎日丁寧に手作りしています。 スタッフの多くは、小さな子供を持つママ。 そのため、実店舗の営業時間は平日の10時〜15時。 店舗になかなか来られないお客様のご要望にお応えして、minneさまで焼き菓子の通信販売にも取り組んでいます。

ー 主力商品のシフォンケーキについて教えてください。

冨岡様: 当店『PUKKU』のシフォンケーキは、卵をたっぷり使用しており栄養満点! 高たんぱく、低糖質、カロリーも控えめなので、おやつはもちろん朝ごはんにもぴったりです。 米粉を使用しておりグルテンフリーなので、小さなお子様からご年配の方まで、安心してお召し上がりいただけます。 一番のこだわりは卵。 商品開発時には、何十種類もの卵を取り寄せて試作を重ねました。 その中で「これだ!」と感じたのが、奈良県五条市にある舟ヶ崎ファームさまの卵。 ふっくら感や味の濃さなど、シフォンケーキの魅力をより引き出すことのできる特別な素材です。

ー デコレーションやギフトセットがとても可愛いですね!

冨岡様: ありがとうございます! 日々のおやつとしてはもちろん、『誰かに教えたくなる』『誰かにプレゼントしたくなる』ように、デコレーションやギフト商品にも力を入れています。 当店のマスコットの白クマちゃんを生クリームで描いたり、野菜パウダーで色をつけたり、素材を活かして仕上げています。 ギフトセットではバラエティの豊富さも重要です。 お客さまが喜んでくれることを第一に、創意工夫しています。

ー 『お客さまが喜んでくれる』ということを大事にしていらっしゃるのですね。

冨岡様: はい。『喜んでもらうこと』を軸に、商品だけでなく、お菓子教室やイベントなどにも取り組んでいます。 例えば、コロナ渦で様々な行事が中止になった子供たちに少しでも楽しい思い出を……という想いで始めた『おつかい日和』というミニイベントがあります。 対象は小さなお子さま。 『好きなお菓子を選んでお金を払う』という体験をしてもらっています。 ちょうどテレビ番組の『はじめてのおつかい』みたいな感じですね! 毎月開催しており、500円でお菓子を5個選べます。 お子さまからは「また行きたい!」、保護者さまからは「貴重な体験をさせることができました。」といったお声をいただいています。

ケーキの箱は捨ててしまうけれど、紙袋は置いておいてもらうことができる

ー どのようなシーンで紙袋が活躍していますか?

冨岡様: シフォンケーキをはじめとするお菓子のお持ち帰り用の袋として使用しています。 紙袋のサイズは3種類。 大:直径17㎝のシフォンケーキ、カップケーキ型のシフォン、大きいギフトセット 中:ギフトセット 小:カットシフォン、イベント『おつかい日和』のお菓子5個、ちょっとしたプレゼント このように中身の大きさや量に合わせて、紙袋を使い分けています。

ー 依頼の経緯や、依頼時のお悩みはどのようなものでしたか?

冨岡様: お店のOPEN時に「紙袋にはこだわりたい」という気持ちがありました。 紙袋はお持ちいただくだけで宣伝効果が見込めるからです。  また、商品ご購入の際のお持ち帰りにご利用いただくだけでなく、「また使いたい」と思ってもらえることも重要です。 そのため、デザインや仕様は、お客様に喜んでもらえるようなお洒落なものにしようと考えました。 本当はケーキの箱もオリジナルにしたいのですが、予算を考えて優先順位を付けました。 ケーキの箱は捨ててしまうけれど、紙袋は置いておいてもらうことができるからです。 紙袋だけは譲れないと思ったのです。 また、依頼時には、デザインのイメージをどう実現させるかにも悩みました。 illustrator等のソフトを使えないため、専門知識がなくてもお願いできる紙袋屋さんを探すことにしました。 さらに、小さな店舗のため、たくさんの備品の在庫を抱えるのは不安でした。 ですが、販促ツールの一つとしての有効性を考え、数種類の大きさの紙袋を作っていただこうと決意。 紙袋は劣化する物でもないので、保管できるぎりぎりの枚数での大量生産を行い、費用はおさえようと思いました。

紐色を2色にして個性を出しました

ー 新しい紙袋に期待したものは何でしたか?

冨岡様: お客様が普段から持ち歩きたくなる紙袋になれば……と思い、デザインしました。 初めての出店でなかなか紙袋にかける予算がない中でしたが、費用をおさえて可愛くしたいと思いました。

ー お客様が普段から持ち歩きたくなるような紙袋にするために、具体的にどんな工夫をしましたか?

冨岡様: 可愛くて使いやすい紙袋になるようにしました。

ー 紙(未晒クラフト紙)はなぜ選びましたか?

冨岡様: ナチュラルな色味に惹かれたからです。 白クマのデザインとも合うと思いました。

ー 紐(アクリル丸ヒモ)はどのように選びましたか?

冨岡様: 井上紙袋さんのホームページを拝見させていただいて、紐色を2色にできることを知り、そこで個性を出そうと思って選びました。 大:アイスパープルとベビーピンク 中:エメラルドグリーンとクリームレモン 紐色は2色にしてもお値段が変わらないのも良かったです。 お客さまにも「可愛い!」と好評です。 私自身、届くのがとても楽しみでした! 色は毎回変えていきたいです。

ー 『表面加工無し』を選んだ理由を教えてください。

冨岡様: マットな雰囲気がいいなと思ったからです。ツルッとした紙はチラシのような感じがするかもしれないと思ったので、紙本来の雰囲気を活かそうと思いました。

段ボールを開ける瞬間がいつもとても楽しみ

ー どのように井上紙袋を見つけてくださいましたか?

冨岡様: はじめは『紙袋 オリジナル』などでウェブ検索をしたように記憶しています。

ー 何社か相見積もりを取りサンプルもお取り寄せしたとのことですが、最終的に井上紙袋にご注文いただいた決め手は何でしたか?

冨岡様: フックとなったのは、illustratorでなくてもデザインを入稿できるところです。 ipadのアプリでイラストを手描きし、PDF化。それをパソコンで保存したものを、井上紙袋さんに送りました。 すると、紙袋の展開図にイラストやロゴを配置したものを送り返してくださいました。 手描きデータをきれいにしてくれたり、白クマとドットとの濃淡をつけてくれたりもしてあって、とても良かったです。 材質や価格、注文のしやすさなど総合的に判断して、現在も変わらず井上紙袋さんに紙袋制作をお願いしています。

ー 依頼時の対応はどうでしたか?

冨岡様: 初めての紙袋制作でわからないことだらけでしたが、前述のデザインの件を含めて親切にご対応いただきました。 連絡は全てメールで、紙袋の仕様決めなどで5~6往復したと思います。 オンラインの顔の見えないやり取りに対しての不安も最初はありましたが、丁寧でスムーズに進めてくれたところが良かったです。 オーダー紙袋は仕様によって値段もかわるので、今後もしオンライン相談会などの機会ができたら、ぜひ直接細かい部分を相談したいです。

ー 完成品を見た時の印象、実際使ってみての印象をお聞かせください。

冨岡様: 想像以上の仕上がりで、「井上紙袋さんで作って良かった!」と思いました。 できあがった紙袋が届いて、段ボールを開ける瞬間がいつもとても楽しみです。 お客様からも「可愛い」とご好評いただくことが多く、その度にオリジナルの紙袋を作って良かったと思います。 「置いておいて使っているよ!」や「人に物をあげるときに使ったよ」、「サブバッグに使っています」などのお声をいただくことも。 思っていた以上にお客さまが紙袋を活用してくれていて、本当に嬉しいです。 「紐の色が2色なのが珍しい」と喜ばれることもあります。 1色の紐にするのと2色にするので費用は変わらないので、『費用を抑えて色味を足せる』というお得感もいいですね。 オリジナル紙袋を作ることによる宣伝効果やオリジナリティが出るというメリットだけでなく、個性や楽しさも出たことは思いがけない良いプラスアルファでした。 春にはお店を移転して、カフェスペースを作ったり、小さいお子さんとママさんに喜んでいただけるようなワークショップも開催したりしていきたいと思っています。 これからもっと地域の方々に愛されるお店にしていきたいです!

この商品のスペック

カテゴリ
ジャストニーズフルオーダー
業種
洋菓子店
都道府県
奈良県
枚数
3000枚
製品単価/枚
30円台〜
用紙
未晒クラフト100g/㎡
サイズ
幅180×マチ60×高さ190mm
印刷
1色印刷
表面処理
なし
提げ手
アクリル丸ヒモ
オプション
なし
運賃送料
  • 2色の紐で
    個性と色味をプラス
  • 茶色い用紙×白一色
    の印刷でおしゃれに
  • 再利用してもらい
    宣伝効果バツグン

お客様情報

株式会PUKKU

奈良市西登美ヶ丘1-4-1 

https://pukku.amebaownd.com/

奈良県奈良市西登美ヶ丘にある、米粉シフォンケーキ専門店。2018年オープン。
スタッフの多くが小さい子供を持つママ!「自分の子供が毎日食べても安心なスイーツ」をモットーに、無添加・厳選素材にこだわった手作り焼き菓子を製造・販売している。
シフォンケーキを始め、クッキー、ガレットブルトンヌ、フィナンシェ、ラスクなど、季節に応じた様々なメニューを展開。
実店舗(営業時間:平日10時〜15時)と通信販売に対応している。2023年の春、新店舗に移転予定。

お答えいただいた方

  • オーナー
    冨岡 絵梨子

    幼少時より、お菓子作りや出来上がったお菓子をプレゼントした際に喜んでもらうことに魅力を感じる。大学時代のケーキ屋さんでのアルバイトをきっかけに、パティシエの道へ。
    結婚を経て、子育ての傍ら自宅でお菓子教室を主催。その後、育児と仕事の両立ができるよう、シフォンケーキ専門店PUKKUをオープン。
    ママさんを中心とするスタッフと共に、体に優しいお菓子を作っている。

同じタイプの紙袋を注文する

最新記事

インタビュー一覧に戻る

有限会社井上工業所 Copyright © 2021