養蜂場様の紙袋の事例を紹介します【I-69】

養蜂場様のシックな紙袋

長崎県にある養蜂場様からオーダーいただいた紙袋です。規格サイズオーダーの小さいサイズで作りました。瓶入りの蜂蜜という少し重量のある物を入れても安定して持ち運べるよう、底には補強用の段ボール台紙が入っています。こちらはオプションとなりますので、オーダーフォームにてお問い合わせください。

ベタ印刷で仕上げた
美しい発色が自慢です!

蜂蜜と言えば黄色をイメージしますが、こちらの会社様のイメージカラーは紺色のようです。ベタ印刷でしっかりと色を出しました。ベタ印刷は、隙間なくインクで紙を覆う印刷方法です。黄色など明るい色の場合は、多少色が抜けるドット印刷でも違いがわかりにくいですが、濃い色の場合はベタ印刷が綺麗です。インクの使用量が多く手間もかかるため、ややコストがかかりますが、そのぶん仕上がりの良さはバツグン。この紙袋は無加工で仕上げていますが、ベタ印刷の場合は色落ちを防ぐためにニス引きをおすすめします。

使用した用紙について

晒クラフト紙を使用
スタンダードな紙袋用紙です

白色に漂白されたクラフト紙、晒クラフト紙を使っています。丈夫で安価、印刷もほどよく乗るため、紙袋用として最も広く使われている紙です。どの紙を選んだら良いかわからない場合は、こちらを選択してOKと言えるでしょう。様々なデザインに対応できる紙です。

使用した用紙について

PPヒモでコストダウン
安価に仕上げました

提げ紐の中で最も安価なのは、PPヒモです。単価を下げるなら紐をこれに変えるだけで効果があります。PPヒモの良いところは、強いこと、柔らかいこと、軽いこと、水に濡れても強度が変わらないことです。ガラス瓶のような重い物を入れても、不安感なく持ち運ぶことができます。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 養蜂場 都道府県 長崎県
業種 養蜂場
都道府県 長崎県
枚数 500枚 製品単価/枚 80円台〜
枚数 500枚
製品単価/枚 80円台〜
用紙 晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ240mm
印刷 1色(ベタ、特色)
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

養蜂場様の紙袋をご紹介しました。白抜きで入れられた鉢のイラストがほのぼのした雰囲気ですね!裏表異なるデザインですが、版は一つなので印刷代は同じです。ベタ印刷のその他の紙袋事例は、こちらのページからもご覧下さい。

養蜂場様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る