神社様の紙袋の事例を紹介します【I-537】

神社様のイベント用紙袋

兵庫県で天禄元年(970年)に創建された、たいへん歴史のある神社様の紙袋事例です。 源氏発祥の地とも言われていて、文化財保護法により史蹟に指定されているそう。 220ワイドで高さ320mmと縦長になるよう製作されたので、お札など大きめの授与品を入れるのでしょうか。 またマチが広いので、複数のものを一緒に入れてもごわつきません。

インプルなデザインは利便性が良いのです

やはり神社様のように神聖で厳かなイメージの場所には、清楚感のある白紙がよく合いました。 また結婚式や七五三詣などのお祝い事も執り行われるそうなので、真っ白な用紙に神社様の名前だけといったシンプルなデザインは、どんな用途にも合わせやすいという利点もあります。 幅広い用途に使用できるということは、まとまった枚数での注文が可能になりコスト削減に繋がります。 グループ企業様や、小中高一貫の学校様などに多くみられるテクニックです。

使用した用紙について

優しい手触りで人気の晒クラフト紙

繊維の長いクラフト紙を、真っ白になるまで漂白したものは晒クラフト紙です。
表面処理はしていないので、紙の繊維に直接触れるようなザラりとした優しい手触りはそのまま残っています。
この独特な触り心地が和紙を連想させるので、和風のイメージがある業種様から多くの支持を得て人気素材となりました。

使用した用紙について

安価で使い勝手のいい紙単丸ヒモ

提げ紐の中で2番目に安価な紙単丸ヒモを使用しました。
紙素材なので最も安価なPPヒモほどチープな印象にはならず、3番目に安価な紙三本ヒモより華奢でどんなデザインにも馴染みやすく、初心者にも使いやすい素材です。
今回は用紙に合わせた白色をチョイスし、厳かな世界観をそっとアシストしました。

この商品のスペック

カテゴリー 220ワイド
業種 神社 都道府県 兵庫県
業種 神社
都道府県 兵庫県
枚数 5,000枚 製品単価/枚 35円台〜
枚数 5,000枚
製品単価/枚 35円台〜
用紙 晒クラフト紙100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ320mm
印刷 1色
表面処理 なし
提げ手 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

今回は表面加工をせず、素材の良さを活かしました。
もしも社名やロゴなどカラー部分の色落ちや擦れが心配な場合、その部分だけピンポイントで保護ができるニス引きもございます。
デザイン性も上がるので、雑誌のタイトルなどにも使用される加工です。
たくさんの事例を見比べてご検討ください。

神社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る