食器店様の紙袋の事例を紹介します【I-406】

食器店様のナチュラルな紙袋

長崎県にある食器のセレクトショップ様の紙袋をご紹介します。幅170mm×マチ100mmと、食器用としては小さいので、大きな器用と小物用で紙袋をわけているのでしょう。陶器の場合は小さいものを大きな袋に入れると緩衝材が沢山必要ですので、サイズをわけるのは必須です。サイズ違いを作るなら、単価が安い方がいいですよね!この紙袋特色印刷ですが、40円台と破格なんですよ!

かわいいデザインを伝統色で印刷しています

長崎県の波佐見町は、陶磁器の街として全国的にも有名な地。このショップさんは、この地で、波佐見焼、有田焼、伊万里焼の窯元と共同開発で製品を作って販売をされているそうです。かわいらしいモダンなデザインの器が多いお店なので、紙袋でもその雰囲気が伝わるイラストをメインにしたデザインです。一見黒に見えますが、印刷色は墨色。DICの「日本の伝統色」の中の色です。やや落ち着いた黒なので、K100%よりも柔らかい印象になります。

使用した用紙について

温かみがあり、素朴な未晒クラフト紙

高級品ではないけれど、手作りの味が生きたちゃんとした器を日常使いに、というお店の考え方がこのデザインには詰まっているのでしょう。飾らない魅力を伝えるために、未晒クラフト紙を使用されています。印刷色の墨色は、青みがかった黒です。未晒クラフト紙の色と合わせると落ち着いた暖かい印象がぐっと強くなります。

使用した用紙について

ワンポイントになる紙三本ヒモ

持ち手には、本体の色味とマッチした茶色の紙三本ヒモを取り付けました。紙三本ヒモは、細い紙紐を三本撚り合わせた紐です。紙単丸ヒモよりもやや太く存在感があり、ザックリとした魅力があります。ナチュラル感を強調したい時におすすめです。

この商品のスペック

カテゴリー ジャストニーズフルオーダー
業種 食器店 都道府県 長崎県
業種 食器店
都道府県 長崎県
枚数 2,000枚 製品単価/枚 40円台〜
枚数 2,000枚
製品単価/枚 40円台〜
用紙 未晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅170×マチ100×高さ200mm
印刷 1色(特色)
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

この紙袋は、2,000枚の製造で製品単価は40円台。オリジナルサイズ、特色印刷で作っても、かなりお安いと思います。フルオーダーは高いのではと迷う方は、ぜひ複数の見積もりをお取り下さい。 フルオーダーの見積もりはこちらから、規格サイズの見積もりはこちらからどうぞ!

食器店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る