不動産仲介業社様の紙袋の事例を紹介します【I-367】

不動産仲介業社様の爽やかな紙袋

大阪府で不動産の仲介や売買、リフォームなどに携わっている業者様の紙袋です。規格サイズオーダーの中サイズで、ややタイトにA4の書類が収まるサイズでご注文いただきました。今回、ロット数が300枚ということから考えるとこちらで行っているイベントや、オープンハウスに見学に来たお客様にお渡しするパンフレットその他を入れるものではないかと思われます。

コート紙を使わなくてもとてもリッチ

まず、ブルーの濃淡で表現されたラインや図形、社名ロゴが目を惹きます。マチの部分はブルーのベタ面に、大胆な欧文フォントの白抜きが鮮やかです。マチの部分を色ベタで構成すると、紙袋全体の印象を引き締める効果があり、多くの事例でみられる手法です。今回、片艶晒クラフト紙と比較的安価な紙を用い、その分表面加工と提げ紐に費用をさくという上手な選択をしています。PP加工を施した片艶晒クラフト紙は、コート紙に同じ加工を行った場合と同様な高級感を醸成しています。

使用した用紙について

印刷適性の高い片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、ほぼ純白になるまで漂白したクラフト紙を、プレス加工により平滑性を高めた用紙で、表面にツルツルとした若干の光沢があります。そのため、印刷面があまり多くなければ、ニス引きやPPラミネート加工などの表面処理は不要です。今回は高級感を高めるためにあえてPPラミネート加工を行っています。

使用した用紙について

口が開閉可能なハッピータック

ハッピータックはプラスチック製の頑丈な提げ紐で、ハンドルの付け根に凹凸があり、口がパチンと閉じられるのが特徴です。これによって誤って袋を落としてしまっても中身が散乱することを防ぎます。また、テープで閉じた場合と違って、一度封を開けてしまったらヤレ袋になってしまうことが無いのも人気の要因です。

使用した用紙について

あえて片艶晒クラフト紙にPP加工

PPグロスラミネート加工は紙の表面に薄いフィルムを貼りつける加工で、ギラっとした光沢を出し、強度を高めます。通常、コート紙とともに印刷面の割れを防ぐために使われることが多いのですが、こちらの事例では片艶晒クラフト紙に使用した結果、準コート紙と言って良いほどの高級感を醸成することができました。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(中サイズ)
業種 不動産仲介業社 都道府県 大阪府
業種 不動産仲介業社
都道府県 大阪府
枚数 300枚 製品単価/枚 非公開
枚数 300枚
製品単価/枚 非公開
用紙 片艶晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ320mm
印刷 1色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

片艶晒クラフト紙にPPラミネート加工を施すことによりコストカットした不動産仲介業社様の事例でした。PPラミネート加工には、今回使用したグロス(艶あり)のものに加えてマット(艶消し)タイプをご用意しています。あまりギラギラさせたくない場合や、渋さ、落ち着きを出したい場合にお使いしていただけます。その他の事例は、こちらからご覧頂けます。

不動産仲介業社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る