焼き肉店様の紙袋の事例を紹介します【I-328】

焼き肉店様のシックで上品な紙袋

焼き肉店様の紙袋製作事例です。焼き肉店といってもカジュアルなお店ではなく、ミシュランの一つ星を獲得した高級店の様です。様々なお店で修業を積んだ店主が腕を振るう、見た目にも美しい料理が目をひきます。お持ち帰り用の商品もあるので、それを入れる為の紙袋でしょうか。高級店にふさわしい、上質な紙袋に仕上がりました。

そのまま持ち歩いても恥ずかしくない上質な紙袋

お持ち帰り用の商品はレトルトのビーフカレーの様です。レトルトとはいえ、その味は折り紙付き。お土産として、大変喜ばれるのではないでしょうか。紙袋にもお店の美学を反映しています。筆で書いたような店名は、それだけで高級店の証です。端に描かれているのは、琴のようにも見えます。提げ紐は和を感じる紙単丸ヒモをチョイス。仕上げにマットラミネート加工を施すことで、上品な輝きをプラス。この仕様とクオリティでも単価は140円台を実現しました。

使用した用紙について

シンプルなデザインだからこそ引き立つコート紙

A2とはコート紙のランクのことで、最も高いランクです。ですから、印刷適性の高さはピカイチ。今回は派手なデザインではありませんが、だからこそコート紙の美しさが引き立ちます。筆で書いたようなデザインの店名のかすれた部分も、にじむことなくしっかりと再現出来ました。仕上がりに差の付く用紙です。

使用した用紙について

和の雰囲気を乱さない紙単丸ヒモ

和のデザインに合わせるなら、紙から出来た提げ紐がいいでしょう。今回は紙単丸ヒモをチョイス。渋めの茶色を選ぶことでより雰囲気を出すことに成功しています。紙を素材とした提げ紐にはもうひとつ、紙三本ヒモがあります。紙紐を3本捻って作っているので、より強度が高く、存在感があるのが特徴です。

使用した用紙について

雰囲気を底上げしてくれるマットラミネート加工

そのままでも十分素敵なデザインですが、より高級感を出すためにもマットラミネート加工をかけました。用紙の表面にうっすらとした輝きをのせることが出来ます。これは光を穏やかに反射させることで得ているものです。ラミネート加工には印刷を保護する効果もあります。突然の雨などにも対応できるので、野外の使用時にもおススメです。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 焼き肉店 都道府県 東京都
業種 焼き肉店
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 140円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 140円台〜
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印刷 3色
表面処理 マットラミネート加工
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

焼き肉店様の紙袋製作事例でした。フルスペックに近い仕様ながら、単価を安く抑えられた要因は規格サイズを使っているのと、枚数を多く発注しているから。どうしても紙袋の仕様は落としたくない!という時は、枚数を多く頼めばそれに比例して単価も下がります。予算を抑えるテクニックとして、覚えておいて下さい。その他の紙袋事例はこちらにございます。

焼き肉店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る