食品卸問屋様の紙袋の事例を紹介します【I-30】

食品卸問屋様の、商品販売用紙袋

「創業100年」の文字が光ってますね!水産物を中心とした食品専門の卸問屋様です。規格サイズオーダーの一番大きなサイズで、商品がたっぷり入る紙袋です。幅32センチに対し、高さを30センチとやや小さめに抑えているので、口をがばっと開いた時に商品を取り出しやすい縦横比になっています。

伝統を感じさせる
力強い和風のデザイン

白抜きした藍染めのような、ロゴ。文字の上には、二本の市松模様の線が交差するように描かれています。市松模様は、古墳時代から使われてきた伝統模様。おそらくこれは、卸問屋さんの前掛けを表しているのではないでしょうか。問屋さんならではの、力強く印象に残る紙袋デザインですね!マチに入れたURLはあえて大きく。伝統の中にも新しさを感じさせます。裏表異なる印刷ですが、料金はもちろん同じです。

使用した用紙について

片艶晒クラフト紙を使用。
加工なしでも光沢が出ます

印刷面の表だけ平滑処理を施した、片艶晒クラフト紙を使用。ニス引きなどの加工をしなくても、光を受けると薄く反射します。特に濃い色を印刷した時はそれがよく映えます。晒クラフト紙よりも、印刷適正が上がるので、エッジを綺麗に出したい、発色を良くしたい時におすすめです。

使用した用紙について

印刷色に合わせた
濃紺の紙単丸ヒモを使用

高級感を出すなら、エクセルフィラメントやアクリル丸ヒモがおすすめですが、使い捨てるものに高級な素材を使うのはエコではないという見方もできますよね。ブランドや用途に応じて適した紐を使うのが大切です。食品用なら、紙袋が汚れることも考えられるので紙紐がベストでは。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー
業種 食品卸問屋 都道府県 長野県
業種 食品卸問屋
都道府県 長野県
枚数 700枚 製品単価/枚 80円台〜
枚数 700枚
製品単価/枚 80円台〜
用紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ120×高さ300mm
印刷 特色2色(ベタ)
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

歴史ある食品の卸問屋様の紙袋をご紹介しました。文字と帯だけで前掛けを表現した、とても素敵な紙袋です。ちなみに、藍染めらしいこの紺色は、DIC435の特色です。ご参考までに!その他の紙袋製作事例もぜひご覧下さい。

食品卸問屋様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る