精密機器製造会社様の紙袋の事例を紹介します【I-291】

精密機器製造会社様の青色が映える紙袋

精密機器製造会社様の紙袋制作事例です。ホームページでもイメージカラーとして利用されている鮮やかなブルーをベースとし、ロゴとハッピータックに白を取り入れた鮮やかなデザインです。青の中に浮かぶ白いロゴは、開発という名の冒険にこぎ出す筏のような印象を与えます。会社説明会に利用されるパンフレットや資料を入れるための紙袋でしょうか。

鮮やかな青が企業としての個性と高い信頼を示す

半導体の開発に必要とされる精密機器の製造には専門的な知識が必要とされます。こうした高い技術と寄せられる信頼を「青」で表現し、A2コート紙が持つ光沢や高級感で企業のブランドを演出できているのではないでしょうか。青色はロゴにも使われており、企業を特徴づけるコーポレートカラーとしても大きな役割を果たしています。複数の色を使う場合とは異なり、1色のベタ塗りだとムラなく色を乗せることができるため、A2コート紙と合わせることで色の持つ魅力を最大限に引き出しています。

使用した用紙について

企業としての品格を演出するA2コート紙

写真集やポスターなど、繊細な印刷が必要とされる際に選ばれる用紙がA2コート紙です。表面がコーティングされ光沢を帯びているため、高い強度や防水性を持つ点が大きな特徴。また、インクの乗りが良く発色性が高いため、ブランドカラーの持つ個性を相手へ印象付けるには最適な用紙と言えるでしょう。

使用した用紙について

強度と見た目を兼ね備えた提げ紐をチョイス

提げ紐にはロゴと同じ白いハッピータックDX型を採用しています。重さのある書類やパンフレット、カタログなどを入れる場合はハッピータックを使った小判抜きタイプの手提げがオススメです。ポリエチレンを使った持ち手は強度だけでなく、根元の凹凸部を互いにかませることで口部を閉じることができるため、覗き見を防止できる点も大きな特徴です。

使用した用紙について

ラミネートグロス加工で丈夫で美しい紙袋

紙袋に光沢を与えるだけでなく、ラミネートグロスには雨や太陽光から守る「強さ」を与える役割があります。大切な中身を保護する意味でも、ラミネートグロスの選択は重要なポイントです。加えて、折りたたみによるストレスにも強く、繰り返し使用できる点もラミネートグロスゆえの強みと言えるでしょう。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズ小ロットオーダー
業種 精密機器製造 都道府県 栃木県
業種 精密機器製造
都道府県 栃木県
枚数 500 製品単価/枚 150円台〜
枚数 500
製品単価/枚 150円台〜
用紙 A2コート紙 137g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 ベタ1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック DX型
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

精密機器製造会社様の紙袋制作事例でした。今回の事例では1色のベタ塗り範囲が広く、持ち手がハッピータックであったことから単価が少々上がっています。しかし、見た目の高級感や丈夫さは申し分ありません。この品質を維持したまま費用を抑えるには生産枚数を増やす方法がオススメです。その他の紙袋製作事例はこちらからどうぞ。

精密機器製造様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る