映像制作会社様の紙袋の事例を紹介します【I-205】

映像制作会社様の色鮮やかな紙袋

映像制作会社様の紙袋製作事例です。白とオレンジの組み合わせが目をひきます。300枚と少ないロット数での製作なので、クライアント様や企業説明会など特別な用途のためのものかと思われます。素材、持ち手、加工の全てが最高級で最も強度が高い組み合わせです。外部の方に向けての紙袋製作を考えている場合、是非参考にしてみて下さい。

最高級かつ最も強靭な仕様の
組み合わせに注目

白をベースに企業ロゴにも使われているオレンジを紙袋の側面、持ち手に取り入れました。その為、紙袋全体に統一感が出ています。この方法は様々な企業様が行っていて、デザインに迷った時に最も効果的な方法です。用紙にはA2コート紙を採用して鮮やかなオレンジを実現。そこにラミネートグロス加工をかけて輝きをプラス。持ち手にはハッピータックを選んで、中身が見えてしまったりこぼれてしまうのを防ぐ仕様に。大切な書類を入れても安心です。

使用した用紙について

A2コート紙で差が付く仕上がりに

高級感のあるA2コート紙は印刷適性が高く、ポスターにも使われているほどです。鮮やかな色やはっきりとしたロゴなどを見れば、他の用紙との差も歴然です。コート紙を使う場合、必ずラミネート加工をかけて紙を保護しましょう。ラミネート加工には2種類あるのでデザインや、出したい雰囲気に合わせて選ぶことが出来ます。

使用した用紙について

大切な書類を入れるならハッピータックで決まり

大切な書類を入れる場合、持ち手はハッピータックをおすすめしています。この持ち手、なんと根元を合わせることでパチンと閉じることが出来るんです。これなら中身が見えてしまったり、横にしたときに中身が出てくるのを防いでくれたりします。強靭なのも特徴で、刃物を使わない限り持ち手が切れることはありません。

使用した用紙について

輝きが特徴的なラミネートグロス加工

この紙袋の輝きは、ラミネートグロス加工を施しているからです。コート紙の場合印刷が割れてしまう可能性があるので、ラミネート加工は必須になります。この加工なら紙や印刷を保護するのと同時に、高級感が加わります。デザインと効果的に組み合わせればより素敵な紙袋に仕上げることもできるでしょう。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズ小ロットオーダー
業種 映像制作会社 都道府県 東京都
業種 映像制作会社
都道府県 東京都
枚数 300枚 製品単価/枚 210円台〜
枚数 300枚
製品単価/枚 210円台〜
用紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ420mm
印刷 1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

参考単価は過去生産時の製品単価となります。
原材料・輸送費等の変動に伴い現状単価と多少異なる場合がございます。
詳しい製品単価についてはお問合せ下さい。

制作前のワンポイントアドバイス

映像制作会社様の紙袋製作事例でした。ラミネート加工にはもうひとつマットラミネート加工があります。効果は同じですが、仕上がりの輝き具合が違うので、デザインやもとめる雰囲気によってはそちらの方がいいかもしれません。似ている事例がこちらにもあります。その他の紙袋製作事例はこちらからどうぞ。

映像制作会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る