コーヒーショップ様の紙袋の事例を紹介します【I-171】

コーヒー店様の季節限定の華やかな紙袋

有名コーヒーショップチェーン店様の紙袋です。すべての都道府県に進出しているお店なので、知らない方はいないでしょう。シアトル系コーヒーのお店では、普段は上の部分が切りっぱなしの紙袋がよく使われていますが、季節限定の紙袋には、かなり豪華なものが使われています。この紙袋は春に向けて作られた限定紙袋。非常に凝った印刷がされています。

4色+白インクの5色印刷!
繊細な水彩画を再現

この紙袋、未晒クラフト紙に印刷しているのに、正面から見ると茶色い部分はほとんどありません。様々な色の花が描かれていて、さらに白インクも重ねられているので、こんなに明るく華やかなのです。未晒クラフト紙のクラフト感は残っていて、水彩画のような花の美しさとうまく融合しています。非常に繊細なデザインをされていて、感心してしまいました!こんな素敵な限定紙袋なら、お客さんも毎年楽しみなのではないでしょうか。

使用した用紙について

未晒クラフト紙は
こんな使い方もできる!

未晒クラフト紙は茶色いのでインクの色が沈みますし、ざらっとしているので印刷適性は低い紙です。通常は、濃い単色でロゴを入れたりするデザインが多いです。しかし、インクの染み込みやざらっとした質感も計算にいれつつ、白インクで明るさを調整すると、こんなデザインもできるのです。5版使う印刷はコストがかかりますが、限定紙袋ならではですね。

使用した用紙について

未晒クラフト紙に似合う¥茶色の紙ヒモ

未晒クラフト紙には、紙単丸ヒモがよく似合います。芯をいれなくてもピンと立つので、使い勝手も抜群です。コーヒーショップの紙袋は大量消費が前提ですから、できるだけ環境負荷の少ない素材を使うというのも大事なことだと思います。紙単丸ヒモならリサイクルできますからエコですね。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 コーヒーショップ 都道府県 東京都
業種 コーヒーショップ
都道府県 東京都
枚数 2,000枚 製品単価/枚 非公開
枚数 2,000枚
製品単価/枚 非公開
用紙 未晒クラフト紙 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ255mm
印刷 5色(4色+特色1色)
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

印刷の版の数は、CMYKの4版の掛け合わせか、1〜2色の特色を使った印刷のどちらかが一般的ですが、無限に増やすことができます。蛍光ピンク、蛍光オレンジ、白など特殊なインクをCMYKに重ねて、5版でも6版でもOKです。ただし相当のコストがかかりますので、特別な用途に限られるかもしれませんね!その他の紙袋製作事例はこちらからどうぞ。

コーヒーショップ様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る