学校法人様の紙袋の事例を紹介します【I-139】

学校法人様の、大きな紙袋

埼玉県の学校法人様の紙袋をご紹介します。こちらの法人様は、小学校から大学まで、複数の私立学校を運営している会社です。特定の学校で使うものか、会社自体で使うものかはわかりません。規格サイズオーダーの大サイズで製作しました。規格サイズオーダーは幅320mm、マチ110mmあるので、アルバムや卒業証書も一緒に入りますよ!

正方形に近いので、
容量が大きくてもコンパクトに見えます

幅320mmに対して高さ350mmと正方形に近い形です。規格サイズオーダーは高さを決められるので、好きな形にできるのがポイント。もちろん、縦長の紙袋でも、横長の紙袋でも思いのままです。荷物がたくさん入る容量ですが、縦の長さを抑え目にすると、実際よりコンパクトに見えてスッキリします。 色々なフォントを使ってちりばめた法人名は、文字の影部分だけの印刷なので、あまりゴチャゴチャとうるさい感じにならず、綺麗に仕上がっています。

使用した用紙について

晒クラフト紙より、少し印刷にこだわるなら
片艶晒クラフト紙がおすすめ

片艶晒クラフト紙は、晒クラフト紙の片面をプレスして印刷適正を高めた紙です。価格はコート紙よりもずっと安いのに、印刷を比較的綺麗に出すことができます。あまり贅沢な紙袋にしたくないけれど、印刷は綺麗に出したいという時におすすめ。コストパフォーマンスが高い紙なんですよ!こういった単純なパターンのデザインの場合、現状の紙袋がコート紙+PPなら、片艶晒クラフト紙+PPにしても、ほとんどの人は気付かないと思います。コストダウンにおすすめです。

使用した用紙について

丈夫で安心。
ハッピータック

ハッピータックは提げ手の中で最も強い素材です。手に持ったときの安定感が、紐とは全然違います!紙袋の基調カラーに合わせて、白のハッピータックを取り付けました。ハッピータックは14色のバリエーションがあります。紙袋と同色にしてもいいですし、あえて補色にしたり、ビビッドな色にしたりして、提げ手をワンポイントにするのもおすすめです!

使用した用紙について

より強く美しくなるPP加工

PP加工を施しているので、濡れたような強い光沢があります。PPをかけて質感が変わると、それだけでとても高級感が出ます。ニス引きと比べると単価はやや高いですが、加工を入れるぶん、わかりにくいところでスペックを落としてご予算内に収めることも可能です。「加工は高いから」と迷われる場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(大サイズ)
業種 学校法人 都道府県 埼玉県
業種 学校法人
都道府県 埼玉県
枚数 10,000枚 製品単価/枚 非公開
枚数 10,000枚
製品単価/枚 非公開
用紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ350mm
印刷 4色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

提げ手や加工で高級な素材を使っていますが、用紙は安価なものを合わせてコストを抑えました。似たデザインや仕様でさらにコストカットするなら、印刷色を一色か二色にすると良いと思います!コストカットも井上工業所におまかせください。その他の紙袋事例では単価も掲載しているので、ぜひこちらからご覧ください。

学校法人様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る