イベントプロデュース会社様の紙袋の事例を紹介します【I-137】

イベントプロデュース会社様の、高級紙袋

東京都のイベントのプロデュースを行っている会社様の紙袋をご紹介します。企業の商品発表やキックオフイベントなど、大きなイベントのプロデュースを手掛けている会社様です。企画サイズオーダーの大サイズを使い、高さを45センチとかなり大きな紙袋になりました。強度も十分なので、重い書類や大きな荷物にも使えるでしょう。

黒の黒さが違うベタ印刷

この紙袋は、高級な厚手のコート紙にベタ印刷と加工を施したフルスペック紙袋です!通常、黒い紙袋を作る時にここまで良い紙を使う必要はありませんが、同じ黒でも、紙が違うと発色が違います。黒はより黒く、美しい仕上りが得られます。あくまでもご予算に合わせてですが、ディテールにこだわると、違いは一目瞭然です。近いものをもっとお安く作るなら、紙を晒クラフト紙にし、紐をOFJタイプの紙ヒモにすると良いでしょう。

使用した用紙について

140g/㎡の厚いリュウオーコートを使用

リュウオーコートとは、コート紙の一つ。大王製紙の商品名です。コート紙は上質紙ベースですが、リュウオーコートはヤンキー紙をベースにしています。これにより、上質紙よりも強度が高いことが特徴です。最も高級なのがエスプリコート。これはコート剤の平滑度を高めたものです。どれもコート紙の仲間なので、印刷適性は抜群です。通常よりも厚い紙を使っているので、しっかりと自立する硬い紙袋になりました。

使用した用紙について

持ちやすく、閉じられる
ハッピータックを付けました

ハッピータックは、持ち歩く時の安定性に優れた下提げ手です。アクリル紐や紙紐のように曲がらないので、ピシッとした印象になります。閉じることができるので、大切な書類や記念品の配布にも最適です。14色のカラーバリエーションがあります。提げ手の中ではお値段が高い方の素材なので、他の素材で安く、紐を立たせたい場合はアクリル丸紐の芯入りか、紙紐がおすすめです。

使用した用紙について

マットPPをかけて高級感をプラス

マットPPは、破れや水濡れに強く、印刷面を保護する役割りがあります。コート紙に印刷をした際には、印刷面の割れを防ぐためにPP加工は必須となります。コート紙でない場合も、ベタ印刷をした場合は色落ちを防ぐために、PPかニスをおすすめしています。加工なしでコストを抑えたい場合は、明るい印刷色を選び、印刷面を控えめにすると良いでしょう。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(中サイズ)
業種 イベントプロデュース会社 都道府県 東京都
業種 イベントプロデュース会社
都道府県 東京都
枚数 1,000枚 製品単価/枚 130円台〜
枚数 1,000枚
製品単価/枚 130円台〜
用紙 リューオーコート紙 140g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印刷 ベタ1色(黒)
表面処理 マットPP
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

高価な素材を存分に使ったので、単価は140円台と、やや上がりましたが、企業のブランド価値を高めてくれることでしょう。物販用に使い捨てられる紙袋なら、もう少しスペックを落とした方がエコなので、逆にここまで高級なものを作らない方が好印象です。用途に応じて素材を選んで下さいね!紙袋の製作事例はこちらからご覧ください。

イベントプロデュース会社様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る