だし専門店様の紙袋の事例を紹介します【I-107】

だし専門店様の、色鮮やかなオリジナル紙袋

ティーパックに入った乾燥だしをインターネット販売されている会社様の紙袋です。 規格サイズオーダーの小サイズを使用してコストダウンし、その分、表面のラミネート加工を施したり、紐の種類の中では高価なアクリル丸ヒモを使用したりと、全体的に高級感な印象の紙袋に仕上がっています。

正面から見ると正方形で、
可愛らしい印象の紙袋

規格サイズオーダーは3サイズご用意しており、幅とマチを弊社の生産ラインに合わせていただくことで、安価にご提供できるサイズです。こちらの紙袋は、一番小さい幅220×マチ120mmのサイズを使用しています。 高さは自由にお決めいただけますので、幅に合わせ今回のように正面が正方形になるよう仕上げると、紙袋の印象が可愛らしくなりますね。 提げ手の素材や長さでも随分印象が変わります。 このように規格サイズオーダーをうまく利用されるのはとてもおすすめです。

使用した用紙について

紙袋に一番よく
使用されている、晒クラフト紙

晒クラフトは、白い紙の中では最も安価なため、様々な業種の紙袋に使用されています。 晒とは漂白の意味で、クラフト紙を白く漂白したものが晒クラフトです。 クラフト紙と同じままの強度があり、中に入れるものがさほど重くなければ、底にダンボール台紙を入れなくてもしっかり形を保つことができます。 ザラッとした手触りは優しい印象を与えるため、優しいお味のだしを入れる紙袋には最適な素材かもしれません。

使用した用紙について

高級な印象の
アクリル丸ヒモ

穴タイプで取り付けられたアクリル丸ヒモは、ライトグレーをお選びいただきました。 これだけはっきりしたオレンジの紙袋に、この部分が真っ白の紐だと、少しチープな印象になる気がしませんか? 微妙な色の違いですが、紐の素材感だけでなく、お選びいただいた色でも、上品さが増しているような感じがします。 アクリル丸ヒモは48色のご用意がありますので、色による印象の違いもどうぞ見比べてみてください。 ご希望があればサンプルをお送りすることもできます。

使用した用紙について

優しい質感の
PPマットラミネート加工

PPとは、ポリプロピレンの略です。ポリプロピレンでできた薄いフィルムを紙全体に貼り付けています。 晒クラフト紙は、耐水性はあまりありませんが、そのデメリットをラミネート加工を施すことでカバーすることができます。 今回のように印刷がベタ塗りの場合には、擦れなどによる色落ちの心配もなくなりますのでおすすめです。 艶のあるグロスラミネートもお選びいただけます。

この商品のスペック

カテゴリー 規格サイズオーダー(小サイズ)
業種 だし専門店 都道府県 福岡県
業種 だし専門店
都道府県 福岡県
枚数 500枚 製品単価/枚 130円〜
枚数 500枚
製品単価/枚 130円〜
用紙 晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ220mm
印刷 1色(ベタ塗り)
表面処理 マットラミネート加工(底面額縁)
提げ手 アクリル丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
制作前のワンポイントアドバイス

だし専門店様の、鮮やかなオレンジがきれいな紙袋をご紹介しました。今回のように中に入れるものが軽い、と決まっている場合には、薄い紙を使うこともコストダウンにつながります。コストダウンできる部分、こだわりたい部分を様々な事例を見比べながら探してみてください。

だし専門店様にご利用頂いた商品はこちら

無料 アイミツ歓迎!簡単見積もりで単価を出す

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る