神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

アイコン詰め込み系の紙袋デザイン

Lesson17-04

アイコンを配置し
バリエーションを
検討する

フリー素材のアイコンを使用して、アイコンをぎゅっと詰め込んで大きなシルエットを作る「アイコン詰め込み系」の紙袋デザインを作ります。アイコンを配置してレイアウトを完成させたら、カラーバリエーションを作ってみましょう。

アイコンを配置していく

できるだけシルエットが綺麗に出るように、形が合うアイコンを置いていきます。
輪郭から先に置いていくといいですよ。

埋め終わりました。
たまに、ガイド線を消して、ガイドなしでもシルエットに見えるかどうか確認しましょう。

かみちゃん
かみちゃん: これなら扇に見えそうです。

もし、ガイドなしだと形が出ない、うまくいかないという場合は次のことを試しましょう。

1 細かいパーツを足して埋める

ここでは、桜の花びらなんかが合いそうです。
アイコンの一つにあった桜の花の花びら一つだけを使ってみました。かなり固まり感が出ます。

2 シルエットをもっと単純なものに変更する

これは十分単純な扇形ですが、もっと複雑なシルエットにトライしている方は、ちょっと無理があるのかも。形状を変更しましょう。
丸は最も入れやすいです。困ったら丸にしてしまいましょう。

扇と丸のレイアウトはこんな感じになりました。

色を決める。バリエーションを作る

これは、未晒クラフト紙へのモノクロ印刷を想定して作っています。
仕上がりはこんなイメージですね。これで完成です!

紙と印刷色を変えると、色々なイメージに展開できます。
バリエーションを作って色を検討してみましょう。

より美しい詰め込み系デザインにするには

もっとシルエットにきっちり形を合わせるには、「メッシュ」という技があります。レッスン5-6「文字を変形させイラストの形に合わせる」の中でわかりやすく解説していますので、そちらをご覧ください!ここまでやると、プロの作ってるロゴにかなり近づいてきますよ!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
紙袋の事例一覧を見る ページの上部に戻る