神DESIGNERかみりんの紙袋デザイン講座

ガーリーなコラージュ風の紙袋

Lesson13-01

写真素材を
たくさん集めて
下準備する

写真をたくさん使ってコラージュのように配置して、上の画像のようなガーリーな紙袋を作ってみましょう。ポイントはイメージぴったりの写真素材を集めることだけ!写真を切り抜いたような加工をしますが、難しくないのでご安心を。まずは写真選びのコツからご紹介します。

写真素材を集めよう!

雑誌などからお気に入りの写真を切り抜いて、コラージュしたかのようなデザインを目指します。まずは可愛いフリーの写真素材をたくさん集めましょう!
フリー素材を使う時の注意点は、「紙袋デザインのコツ」にある「著作権1 フリー素材の著作権について」を確認してくださいね。

この紙袋デザインは、写真選びのセンスに99%かかっています。今回使った写真は、ほとんどこちらからお借りしました。

○pixabay
日本語表記されていますが大元は海外サイトなので、日本語で検索してヒットしない時は英語にするとヒットしやすくなります。

ガーリーがテーマなので、お花や蝶々をメインにしてみましょう。
でもそれだけだと甘すぎるので、ちょっとアンティークメタルな素材や虫や小動物なんかを混ぜるとイイ感じになると思います。これは主観なので、色々試してみてください。

かみちゃん
かみちゃん: すでにイイ雰囲気になりそうな予感がしてきます!

背景が無地の写真を選ぶ!

写真は何でもよいわけではなく、背景がないものを選びます。雑誌から切り抜いた風なら背景があった方がリアルなのですが、それだと仕上がりが綺麗にいかないのです。
下の写真をご覧ください。四角い写真の時は鹿の形がはっきり見えますが、切り抜くと対象物を認識しにくくなってしまいます。

切り抜いて背景を白にする加工ができる方はOKですが、初心者の方は最初から背景のない素材を探す方が楽です。
花や蝶々は背景が白の素材がたくさんあるので問題ありません。昆虫や動物になると少し難しくなるかもしれません。複数サイトをじっくり探してみましょう。

背景がない透過素材だった…それでもOKです

「rose」で検索すると、背景が白のよさそうなバラがありました。
でもサムネイル表示では背景が白に見えますが、この素材は透過加工がされたもの。背景は白ではなく透明です。

サムネイルをクリックしてダウンロードページに行くと、このようになっていました。背景がチェッカー模様になっているのは、透過画像であるサインです。

この素材をillustratorに配置すると、左のようになります。

透過画像は便利な素材なのですが、今回は雑誌からザックリと切り抜いた風にしたいので背景が必要ですよね。

じゃあ透過画像はどうしたらいいの?と思われるかもしれませんが、花の下にillustrator上で白い背景を描けばいいだけなので問題ありません。

一度画像を開いてPNG形式の画像をJPG形式で保存し直せば、透過画像に白い背景を簡単に作れます。
しかし、illustratorで花の下に白い背景を描くのと、背景のある画像を切り抜くのと、まったく同じ作業なので、わざわざ形式変換しなくてOKです。

かみちゃん
かみちゃん: ちょい説明がわかりにくいかもしれませんが、次の工程でやってみせますのでわかると思います!

素材は多めに用意しておきましょう

だいたい20枚くらい素材が必要なら、25枚くらいはあらかじめ用意しておきましょう。実際に配置すると色味が合わなかったり、形がうまくはまらなかったりして、いくつかはボツになるからです。画像検索はけっこう時間がかかるので、あらかじめ多めに用意しておくとレイアウトがサクサク進みますよ!

紙袋のまめ知識コンテンツ集

  • お客様の声
  • よくあるご質問FAQ
  • 印刷工程特集
  • 紙袋の製造工程
  • 提げ手紐の種類
  • 未晒クラフトの魅力

ご依頼の流れ

お問い合わせ先 06-6925-3154 受付時間/9:00~18:00(平日) インターネットからのお問い合わせはこちら
ページの上部に戻る